マリーアントワネット展

六本木の森アーツセンターギャラリーで開催している「マリーアントワネット展」に、オシャレランチ(笑)をしたあと、お友だち総勢6名で行ってきました。

マリーアントワネット展

今回は私が企画担当だったのですが、さすが六本木、予約できるとなるとランチでもなかなかなお値段のとこばっかり。

あんまり吟味する時間もなかったので(適当ですみません、皆様)、ネットで予約完結できる「オービカモッツアレラバー」に決定。一休.com経由で予約するとドリンクがおまけに付くという2500円のコースにしました。

モッツアレラバー

日本初の水牛モッツァレラチーズ専門店、ってことで、サラダにのっていたモッツアレラチーズはとっても瑞々しくて美味しかったです。

モッツァレラチーズのサラダ

この白いのがモッツァレラチーズ。

あとはお決まりの、ピザとパスタとデザート。そしておまけのドリンク。ピザの段階で結構お腹いっぱいになってしまってパスタを少々残した、悔しい。

これもモッツァレラチーズモッツァレラチーズたっぷりポロネーゼ

モッツァレラチーズたっぷりのマルゲリータ

パンナコッタみたいなデザート

どれもこれも、新鮮なモッツァレラチーズが美味しかったです。

腹ごしらえした後は、アーツセンター52階へ。結構な人でしたが、伊藤若冲の混雑を体験した自分にはこれくらい全然へーきな混み具合(笑)。

マリーアントワネット

見終わって出てきたところで。マリーのドレスに全然勝てない紬(笑)。
今日は寒いと(夜雪になるという予報!)聞いていたので、きゅうきょ出した紬です。最近「寒い」っていうといつもこの紬着てる気がする・・・。

で、アントワネット展ですが。1800円の価値があるかどうかはわからないけど、私みたいなベルばら好きは楽しめたんじゃないかなーと思いました。だって、この展示で見るもの出てくるもの、全部「あ、ベルばらで見た」ってものばかりだもん(笑)。

着ていた下着とか持っていたハンカチ、ギロチンへ向かうとき履いていた靴などの実物がいくつも・・・300年以上経っても残っているのはさすがフランス王妃だなぁとか、

マリーの肖像画はどれも頬が赤くて、よっぽど色白だったんだな、とか

足はちっちゃい(靴が小さかった)、腕も細い(手袋が細かった)し、どんだけ華奢だったんだ、とか

池田理代子さん(ベルばら作者)の資料収集能力はすごいなぁとか(昭和50年頃の作品だよ?今みたいにネットのある時代じゃないしな)

首飾り事件て創作だと思ってたら実際に合った事件だったんだなーとか

マリーがフェルセンに宛てた暗号のラブレターの中身が、ベルばらで読んだ内容ほぼそのまんまだなとか

意外とルイ16世かっこいいじゃん、とか(ベルばらだと、あんまりイケメンじゃないので)

フェルセンがそんなにイケメンじゃなかったな、とか(笑)

いちいちベルばらの内容と比べて見て、面白かったです。

あと面白かったのは、調度品に東洋のものがいくつかあったこと。日本やインドのデザインのものがありました。西洋は東洋に、東洋は西洋にあこがれるもんなんだねー、面白いものだ。

少々暑いくらいの会場を1時間くらいかけて見たあとはお茶タイム。適当なお店がなく、結局ランチで利用したお店へ(笑)。150席もあるお店だから、6人いても入りやすいんですよー。

1479883918269s

1479883939707s

お茶休憩がてら、皆さんを最近使っているアプリ「Snow」で撮って遊んでみました。みんな可愛いでしょ(笑)。

お茶飲んで、雪が降る前にお開き。テキトーでしたけど楽しい1日でした。

でっかいティラミス

大きさ伝わるでしょうか。ティラミスのドルチェセットを頼んだら、想像以上にでっかい皿で出てきた。直径15cmくらいあったよ・・・(半分残してしまったもったいないくやしい(笑))。

あ、そうそう。
更年期なんですよー(だるい、眠い、やる気が出ない、頭が痛いなどなど全体的な体の不調)と話したら、人生の先輩方より「命の母」勧められた(笑)。買ってみようかな。

そういうわけで、お付き合いくださった皆様ありがとうございました。調子悪いけど楽しかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


+ 一 = 7