フィギュアスケート世界選手権2014観戦記その1

フィギュアスケート世界選手権2014 3/28(金)~29(土)の2日間、チケットを入手できたので行ってきました。

なんかさー、こんなすごいものを生で見てしまったら、今後TV中継で見る気ますますなくなるわーと思いました。やっぱりスポーツは生で見るものだよ!と。

3/28(金)はアイスダンスSDと男子シングルフリーがある日でした。普段TVでしか見られない海外の選手がさいたまスーパーアリーナに来てくれる!と思い、ダメ元でローソンチケットで抽選(C席)に申し込んだらまさかの当選。

その後いろいろ調べてみましたが、C席はわりと当たりやすい(座席数が多い)みたいですね。本当にスケオタな皆さんはS席、プレミアム席を狙うみたいですから…。でもC席、私は好きです。全体が見えてジャンプの種類も良く分かるし、いい演技は近かろうが遠かろうが伝わるもんですよ。

最初は旦那と行く予定だったのですが「ミキティ出る?」(※チケット購入時は2013年11月)と聞かれ、男子だから出ないよ(女子だとしても出る可能性はかなり低いですが)と言うと「男子は興味ない」と。

ま、そりゃそうか。

その後、全日本選手権の追加席が発売になり女子シングルフリーが買えたので、旦那とはそっちに行きまして、世界選手権のチケットは「買えなかった」と呟いてたmixiのマイミクさんYさん(羽生君のファン)に譲ることになりました。

 

前日にTwitterを巡っていたら、たまアリの「TOIRO」というギャラリーみたいなところで、「ISU世界フィギュアスケート選手権大会2014展示会をやっている」という情報をキャッチし、アイスダンスが始まる前に見ようよ!とYさんと朝10時前にさいたま新都心駅で待ち合わせ。平日にこんな朝早く電車に乗るの、会社員時代以来じゃなかろうか(笑)。気合い入りすぎて?9:30に着く。

展示会は10時開場なので、他で写真撮りながら待つ。外は日本人出場選手の特大ポスター?がポールに巻かれていました。


小塚くん(手前)とまっちー(すごく奥(笑))

 

TOIROの中も写真撮影OKとのことで、また記念撮影?できるようにパネルがたくさん用意されていました。

カメラマン係?なのか、スタッフさんが常駐していてみんな次々にカメラやスマホを渡して撮影してもらう。私たちも撮ってもらいました。

 

展示室に入ると、これまでの選手の衣装やスケート靴、写真パネル、サインがたくさん!

みんな撮る撮る。

 高橋くんいたー!(笑)怪我欠場で残念だったけど、パネルでいてくれて良かった。バンクーバーのときの衣装も。

 

ひと通り展示を見終えて、10:50からのアイスダンスを観戦。普段は男女シングルしか見ないためルールもあまり分からず(ソチオリンピックで団体戦見るために少しだけルールチェックしましたが)加えて早起きのため何度か睡魔が襲います(実際ちょっと寝たわw)。でも男子フリーで寝るよりは(アイスダンス選手の皆様ごめんなさい)とちょっと妥協する。

 製氷タイム・休憩時間はトイレに並んだり(下手すりゃ試合見逃す長蛇の列)、食事したり外へ買い出しに行ったりで、意外と時間がなかったです。飲食は座席でOKでした。

※追記
飲食、会場内ではダメだったみたいです。売店に「飲食OK」とか紙も貼ってあったし、周りもかなりの人が飲み食いしてたので、てっきりOKなのかと思っていました(ロビーや通路では食べていいよって意味だったのかな…)。製氷タイムは食事している人が抜かれてたし(笑)。

食事は2食分持って行った方が気持ちに余裕があっていいかもなー。会場内は高いし、外へ出て買うにしてもどこも長蛇の列だったし。
与野の方へ行けば空いているらしいんですが、そこへ行くまでに迷って時間食う可能性大だし、無難に駅コンビニで夕飯買いました。

グッズ売り場はほとんどなかったです。パンフレット(2000円)記念切手(日本人選手の顔写真が80円切手になったもの)3000円と特製ブランケット1500円くらい。あとさいたま県名産品(草加せんべい買って食べてる人いたなぁ)。

全日本のときのほうがいろいろあったのに、そこが期待外れ。

 

そして運命?の男子フリー。

もうね、神演技連発でした!特に、これで引退するアメリカのジェレミー・アボット選手の神演技以降、全員が触発されたかのように神演技連発!!

6分間練習のとき、あまりにも調子が悪そうに見えたジェレミーに、Yさんと「大丈夫かなぁ」と心配しつつ、ドキドキしながら見守ったのですが。

6分間練習で一度も決まらなかった冒頭のクワドが成功!その時点でもう泣く(笑)。

その後も会場が一体になったかのようにジェレミーの演技に引き込まれました。本当に最後の最後に見せてくれた名演技だったと思います。最後だからできた演技だったのかどうか分かりませんが、これを生で見られたことが一生記憶に残ると思います。ジェレミーありがとう!

ジェレミーの神演技でしばらく浸ってしまい、後続の選手の演技に身が入らず(すみません)最終グループへ。

 18:トマシュ/19:まっち―/20:ハンヤン/21:ゆづ/22:ハビエル/23:こづ

の演技順でした。ゆづはジンクスとなりつつある21番演技。

トマシュもラスト演技でこれで引退ですが(もともとオリンピックで引退する予定だったそうですが、国から出ろと言われたらしいです。ありがとう!)ちょっとミスが多い演技。もったいなかったけど最後が見られて嬉しかったです。

まっち―の火の鳥は最高の神演技でした!点数(184.05)が出た時、他の選手を大きく引き離していて絶好調のまっちー。ゆづ、どうなんだ?とボルテージが最高潮に。(次のハンヤン君、さぞ滑りにくかったであろう)もうまっちー優勝だわこりゃ、と思いましたこの時点で。

ゆづの演技は気迫を感じました。今シーズン初めて降りた4Sを見られて幸せと言わず何と言おう。最後までその気迫が切れることなくまたもや神演技。私のアイメイク落ちる落ちる(笑)。あんなに全身全霊で滑り切ったゆづ、オリンピック以上にすごかったです。ああ、ほんとにいいもん見た!!!

次がハビエルで同じオーサーコーチのため、ゆづのキスクラがひとり!ってのにびっくりしましたが、ティッシュケースプーさん?と一緒で何となく和むキスクラ。点数が出て1位に立った時の、喜んでぴょんぴょん跳ねるゆづが可愛かったです。

これでこづも神演技したら表彰台独占いけるんじゃね?!などと思いましたがそこはハビエルの3クワドに勝てず(なんか1個すっぽ抜けてたけど)。

こづは高橋君の急きょ代打って感じだったし、モチベーションも上げるの大変だったと思いますが、それでも入賞するところは日本のレベルの高さを感じました。

表彰式もしっかり君が代も歌ったし、フジ放送してんだろーかと気になりましたが、ちゃんとしてましたね、良かった。

こんな大興奮の1日でした。ゆづ優勝おめでとうございます!21番演技優勝ジンクスは続くんだろうか?!

結果はこちら

 

Share Button

“フィギュアスケート世界選手権2014観戦記その1” への2件の返信

  1. いやあ、ホントにありがとう!たまアリ12時間コース、堪能しきりました!!
    アイスショーも楽しいけど、やっぱり競技会の緊張感や技や観客の盛り上がりは凄かった!
    そしてどれもこれも歴史に残る名演技、名勝負だらけでしたねー。
    ゆづは最後までハラハラしたけど、やっぱりやってくださいましたわ~~~うふ。
    いえ町田君が終わった時点ではもうこれは町田君の勝ちだと思いましたけどね。
    ああとにかくいくら語っても語りつくせない一日でした。
    となりでうるさくてごめんね^^;

    1. >結花さん
      堪能してもらえてよかったです~。JSportsの録画を見てまた泣きそうです(笑)。

コメントは受け付けていません。