飯舘村の人たちに会いに

先週末、東日本大震災の原発事故のために避難している飯舘村の人たちに会いに、福島県の会津若松へ行ってきました。

知り合うきっかけは話すと長くなるので手短に言うと、福島復興のためにうちの近所の商店街で何かできないかと交流を始めたのがきっかけでしょうかね。

仮設住宅で日々を送る人たちの楽しみになればと、2年ほど前にうちの地元に飯舘の人たちを呼んで観光案内したりしました。

その飯舘村が今年の3/31に一部を除いて避難指示解除になるため、避難先から帰村する人たちと避難所に残る人たちで集まって、お別れ会をすることになりました。
そこへ「ぜひ参加してください」と誘われたので、旦那の取材がてら付いていくことになりました。

初、雪国?へ雪の季節に旅行!(半分仕事だけどな)

しかし、スキーもしないし地元が首都圏の私には、こんな大雪(と言うほど雪国でもないのだが)が珍しくって、電車から見える景色が真っ白なのが楽しくって写真を撮りまくりましたw

(雪がなければおそらく畑か田んぼなんだと思う)

雪だの電車時間などを考慮して早めに出たら予定外に早く着いてしまい、泊まるホテルの近くにあった会津武家屋敷へ行きました。

こっちも雪に埋もれてた~です。
しかし山の天気は変わりやすいですね、さっきまで青空だったのに急に吹雪いて来たり。

それに、人がほとんどいない。こんな天気に出歩く人なんていないんでしょうか(武家屋敷の人に聞いたら、ちょうど今閑散期なので少ないらしい。2月に雪まつりとかあるそうです)。

その後、ホテルで無事飯館の皆さんと合流。結構皆さん元気でした(笑)。ヨカッタ。

夜はお別れ会と称してホテルにて宴会。飯舘村の村長さんも来てました。飯館限定の「愛のうわずみ」って名前の日本酒がおいしいと伝えたら1本持たされました(何本持ってきたんだ日本酒ww)。

飲んで酔っ払って温泉入ったせいか、風邪で痛めていた喉が治ったです(笑)。

 

翌日は猪苗代までバス移動。
運が良かったのか超快晴で、磐梯山がすごーーーく綺麗でした。

会津磐梯山は、たかーらーのやまぁあよーー(CM知ってる人はアラフォーww)

こちらで猪苗代名物のソースかつ丼を全員でいただきました(総勢30名)。(ソースかつ丼はこちらのお店

このあと皆さんは避難先(皆川避難所にいる)へ戻るとのことで、ここでお別れ。

よくしてくれたおばあちゃんに「長生きしてね」と伝えたら「村に帰るまで私ゃ死なない」と力強いお言葉。

地震で家が崩れたわけでも曲がったわけでもない、津波が来たわけでもないのに避難しなきゃならない意味が分からなかった・・・と言ってたおばあちゃん。

早く元の家に帰りたいだろうなぁと思いました。いつか私も飯舘に行ってみたいですね(免許のない私に車でしか行かれないところへ行くのは難しいのだが・・・)。

皆さんとお別れしたあとは、最近テレビでよく見かける「大内宿」へ旦那と行くことに。
観光してお金を落としていくくらいしかできないからなぁ。

大内宿の「ねぎそば」ってのを食べてみたいという(長ネギを箸代わりにしつつ、薬味としてかじりながら食べる)私のリクエストです。

TVで見たのは雪が降る前だったのですが、雪の積もった大内宿もすごく素敵でした!
タクシーに乗って駅から大内宿まで行ったのですが、「山に少し登って上から撮影すると綺麗だよ」と運転手さんに教えてもらい、10mほどの山(と言うか高台というか)に登りました。

しかーし!雪で滑る滑る!下手すりゃ滑って転んで骨折するわこれ!と思いながら手すりにしがみつきつつ上へ。ようやく登って記念撮影。

宿がみえねぇww自撮りがどーにもうまくできません・・・(セルカ棒がいるなぁやっぱり)。

下りは上りの何倍も気を使いつつ降りました。郡山で雪用のブーツ買って行って大正解でした。

そして念願のねぎそば。

おいしかったですよ!ただ、やっぱり予想通り、生の長ネギは辛かったです(笑)。あと食べにくいので3口目からは普通に割り箸で食べました。

大内宿の一番奥にある「浅沼食堂」から。蕎麦食べながら雪の宿を見るのはいい気分でした。

 

3日目は、旦那リクエストの「喜多方ラーメンを喜多方で食べたい」に応え、喜多方へ。

しかし、朝から大雪!!
それでも首都圏とは違い、5分ほどの遅れで動いていました。この辺は車社会と思われ、電車は1両の路線も多く、1時間または2時間に1本しか来ないんです。
1本逃すと何もない駅で1時間待たなきゃならないので、予定通り動いてくれたことはありがたかったです。

無事、喜多方に着き「元祖喜多方ラーメン」とガイドマップに書いてあった「源来軒」へ、雪の中を歩く・・・・が!

まさかの臨時休業www

雪か?!雪のせいなのか?!

店の中に人がいたので旦那がアイコンタクトを取るも、開けてくれるはずもなく(笑)撃沈。

懲りずにパンフレットを見て、「50年やってる」っていう大安食堂を発見。以前横浜のラーメン博物館にも出店してたっていうお店だからきっとおいしいだろうと訪問。

まだ11時前だったので他の客は誰もおらず、ご夫婦が応対してくださいました。
雪の中で冷えた身体に喜多方ラーメンはとっても美味しかったです。麺が柔らかめのふわふわなんですねー。

本場の喜多方ラーメンを食べられた!と旦那もご満悦。

 

雪の季節に雪国へ行くのもいいねと思った我が家でした。(それを青森出身のご近所さんに話したら、福島はまだいいけど青森は危険だと言われたww)

そんな感じですが、少しは福島の復興に役立ててたらいいなぁと思った2泊3日でした。

番外編

会津新選組記念館の前。ポストがだんだら模様だった。

近藤勇の墓とか、斉藤一の墓とかあったんだけど、ともかく雪に埋もれてた&行ったのが遅かった(17時頃)ので見られませんでしたww雪国の夜は早いです。

でも、会津限定の薄桜鬼クリアファイルが買えたから良しとします(笑)←会津若松駅のコンビニで発見。

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です