内部告発サイト「ウィキリークス」のすごさ

国家の機密情報とか、企業の重要事項がこともなげに掲載されてしまう内部告発サイト「ウィキリークス」。
ここの代表メンバーであるジュリアン・アサンジ氏(元ハッカーだそうだ)が、私と同い年であるということにびっくり。うーん、やっていることはすごいことだと思うし、そういうサイトを運営したらどうかという発想力というか企画力はすごいなーと思いつつ、彼はパーマネントトラベラーなのか定住地を持たずにずっと世界を動き回っていると知って、心休まる日々もないんだろうなーとかわいそうになったりもする。

N○Kのニュースによれば、アメリカの情報がダダ漏れなのは、事の発端は「911」なんだとか。911を防げなかったのは機密情報を共有できなかったことで危険を回避できなかったからであり、911以降、割と誰でも機密情報を知れるよう(共有できるよう)にシステムを変えたらしい。

ところが、末端の兵士まで知らせなくてもよいであろう情報が関係者の隅々に知れ渡ることにより、その情報を漏らしてしまう人間が出てきてしまったということらしい。

情報を関係者すべてで共有しようという方針が裏目に出たのだ。

そのため、今は機密情報にアクセスできる端末を制限して、アクセス時も1人でなく、2人体制でアクセスするように改めたらしいが・・・・。

人は秘密を暴露するのが好き
だからねぇ(自分の不利益にならないものであれば)。まだまだ、漏れると思う。だってそれがインターネットだもの@みつを。

何やら、アメリカと中国のお偉いさんが書いた「日本の民主党はバカだから深入りしてはならない」などという機密文書も載っちゃったようで(爆)、まあ民主党がバカだというのは否定しないが(投票したくせに(爆))これで、日本の政治はどうにかなるんだろうか(それでも何もしないかな?(笑))。

奇しくも同時期に尖閣諸島の衝突ビデオ映像が流出したり、警察の機密文書が流出したりと、ウィキリークスとは関係ないところで(爆)情報ダダ漏れの日本。

個人情報保護について(仕事に関係するので)多少勉強したりもしているけど、いまはまったく話題にならないから情報漏えいって起きてないんだねーって思ってるかもしれないけど。

1日1~2件毎日起きてる
んですよ、情報漏えい。ニュースにならないだけで。まだまだ、情報を漏らさないということについて、日本は認識甘いのかな(性善説の日本人は仕方がないのか・・・)。

ニュースってさぁ、そのとき旬のニュースしかやらないからさぁ(そーいや、路駐取締りはどーなった?)飲酒運転だってなくなったりもしてないし、振り込め詐欺だって撲滅されたわけじゃなかろうし、もうちょっと「その後」ってのをやってほしいなといつも思う。

果たして、ウィキリークスはいつまで旬のニュースでいられるのか(笑)。
ちなみにアサンジさん、女性2人に暴行容疑で国際手配されてるそうです。

拘束理由がおかしい

ウィキリークスと関係ないじゃん・・・別件逮捕?(@ダンナ)。

Share Button