TwitterとiftttとYahoo pipesで、ほんとに読みたいつぶやきだけ通知

馬鹿発見器、なんて言われてますがTwitter やっぱり便利です。先日の「神楽坂きものフリマ」なんかでも、反応がずいぶんあって嬉しかったですし、多少は売り上げに貢献できたかなーと思ってみたりしています。

Twitterも、昔に比べて公式アプリがずいぶん便利になりましたね。一番便利に使っているのが「特定のユーザーのTweetをプッシュ通知」してくれる機能。

この人のつぶやきは逃さず読みたい、ってときはほんと便利です。

参考:Twitterで特定のユーザーのツイートを通知する方法

だけど、1時間に何回も連続でつぶやく人はつぶやくたびにピーピー鳴るので困りますし、特定のユーザーの特定の話題だけは知りたいけど他は別に知りたくない、ってのもあるんですよね。

私はTwitterの電車遅延情報をプッシュ通知させているんですが「ただいま正常に運転しております…」っておい!そんな通知はいらないのだ。遅延しているときだけ知りたいんだよー。

Twitterクライアントで、今は一番性能良いのが公式アプリのようですが、あれね、つぶやきの中にこっそり広告が入ってたりしてイヤなんだよねぇ。(あと個人的に、600円したEchofonを使い続けたいビンボー人根性がありましてw)

で、どうしたらほんとに知りたい情報だけ(上の例なら遅延している情報だけ)通知してもらえるんだろう?と考えた結果

140711_01

iftttYahoo pipesを使うのが一番いいんではなかろうかと考えました。

ifttt(いふと)はweb上の様々なサービスを連携させるサービスです。上の画面がそうなんですが、要するに

「(遅延情報の)つぶやきが更新されたらプッシュ通知する」という「更新情報(feed)」と「プッシュ通知(pushover)」という2つのサービスを連携しています。

 

ところが。

Twitterってのは最近(というか去年後半)のアップデートで、feedを吐かない仕様に変わってしまいました。

ならばfeedを吐かせよう、ってんで出てきたのがYahoo pipesというサービス。普通のWEBサイトやfeedを吐かないブログ(そんなのあるのかな)、Twitterのfeedを発行してくれます。

ただ、Yahoo pipesはアメリカのYahooのサービスで、アメリカYahooのアカウント作ったり面倒なのです。

ちゃっちゃとFeedを吐かせたいときはRsstwiなどのサービスを使ってFeedのURLを取得するのもいいと思います。

で、吐いたFeedのURLをiftttのif「Feed」にコピーして、thenにはプッシュ通知をしてくれる「Pushover」「iOS Notifications」「Android Notifications」でも、メールを送ってくれる「Email」「Gmail」でも、好きな方法でスマホへ通知するよう設定します。

140711_02

ちなみに私はiPhoneですが「iOS Notifications」はうまくはたらかなかったです。

自分用の覚書なので至極不親切ですが、参考サイトを載せておきますのでそちらをご覧ください(笑)。

参考サイト:

追記:最近はiftttではなく、zapierという、同じくWEB連携サービスを使っています。zapierの方が連携条件を細かく設定できるのが便利なので…(ただし、iftttと違って連携は5つまで、通知回数にも制限があったりして、iftttで済むのならできるだけiftttを使ったほうがいいです。zapierは有料版もありますけどね)。

Share Button