若冲ついでの箱根観光

最初は若冲を見るためだけに日帰りで行こうと思った、箱根の「岡田美術館」。

でもせっかくなので一泊して→せっかくだからいいホテルで→せっかくだから普段食べられないような食事を と「せっかくだから」を繰り返していたら結構贅沢な一泊旅行となりました(笑)。

結局「若冲と蕪村」以外にもベタな箱根観光をしてきました!

台風直撃予報が奇跡的に外れていい天気になったので、「黒たまご」食べようと思い、大涌谷へ。7月26日に規制が解除された大涌谷は、ロープウェイも動くようになっており、特に外国人観光客でいっぱいでした。

大涌谷ロープウェイ

硫黄のせいなのか、噴煙を上げている地表部分が緑色になってました。

 

噴煙の成分に対する注意書きを、ロープウェイ乗車前にもらいました。

注意メモ

硫黄は、もっと驚くほど匂うかなと(子どもの頃行ったときはもっと臭かった記憶が)思ったのに、私は全然平気でした。

富士山をバックに。

セルカ棒大活躍(笑)。雪のない富士山をバックに旦那と。

黒たまご

予定通り黒たまごを買って食べました。5個入り500円。ゆでたてなのか、アツアツでした。おいしかった!

大涌谷のあとは、ロープウェイで芦ノ湖へ行き船に乗船。
ベタな観光だからなのか平日だからなのか、日本人ほとんどいねぇ(笑)。アジア人7割西洋人2割、日本人1割か?ってくらい。

海賊船

400円払って特別客室?に。記念撮影できる椅子があったですw

のんびり船に乗って着いた先は

箱根関所跡

箱根関所跡!

歴史で習った記憶のある人もいるでしょうが「入り鉄砲に出女」のところです。今で言うイミグレみたいなところですな。

女の身体的特徴を専門に検分する人見女

人見女(ひとみおんな)が関所から出ようとする女性を検分しているところ。←私はいらんだろww

検分するところ

ここでチェックを受け、怪しいと怒られて?牢屋に入れられるようです。

トイレ(笑)

トイレまで再現されていましたw(使用不可)

2007年に全体の復元が完成したそうです。だからなのかお手入れしてるからなのか、結構キレイだったなー。

芦ノ湖を眺めながらみたらし団子を食べて、小腹を満たしたところでバスでホテルへ。

奮発して

富士屋ホテル

富士屋ホテルに泊まりました。それでも早割でちょっと安くなったんですけど。

本当にクラシカルで、ゆったりとしたスペースを生かしたホテルでした。

ちなみに私たちの泊まった部屋の隣が「チャップリンルーム」となっていて、チャップリンが泊まった部屋だそうです。(その部屋は高いので無理でしたけどww)

夕食は

菊華荘

ホテルの別邸「菊華荘(きっかそう)」で懐石料理をいただきました。

もともと天皇家の御用邸だったそうで、戦後に富士屋ホテルが譲り受けたそうです。
庭には池があって、定番のでっかい鯉がたくさん泳いでました。おお、これぞ金持ちwwと笑いたくなるくらいベタでした。

水菓子入れて12品の懐石。途中で満腹になり、みたらし団子を食べたことを後悔する(笑)。

お椀

この「お椀」が一番おいしかったです!お椀はそこの料理人が一番手をかけて作るらしいですが、うん、出汁がめっちゃおいしかったです。

部屋へ戻り、温泉に浸かって(部屋のお風呂には天然温泉が引かれてるんです)就寝。

部屋の敷布団(ベッドですけど)には浅田真央ちゃんが愛用のエアウィーブが敷かれ、まー贅沢な1日を過ごしました。

たまにはこんな旅行もいいよね、と思い、帰ってきて「さて働くぞ」と思ったのでした。

Share Button