8月最後の美術館と着物de飲み会

お着物着ようよ

急に涼しくなった8/30。美術館へ行って軽く飲みましょう!とお誘いいただき、遊びに行ってきました。

当初は浴衣で行く予定だったんですが、あまりの涼しさにこの夏着られなかったポリ絽を着ることに。いつもなら大汗なのですが、まったく汗かかないほどの涼しさに助けられ気持ちの良い着物日和?となりました。

昼も間近のAM中、Appleから発送された交換品のiPhoneが送られてきたため急きょ設定をしていたので(古いiPhoneは交換で宅急便のお兄ちゃんが持って行ってしまうので「あとで」ってわけにいかない)、待ち合わせの時間にギリギリ。待ち合わせのカフェに行ってみれば皆さんそろってお茶飲み終わったところでした。お待たせして失礼しました。

本日行った美術館は東京新国立美術館の「オルセー美術館展」。大人気のようで、16時過ぎからは混雑していないとHP上でアナウンスされていましたが、やっぱり人気があるのでそこそこ混んでいました。
オルセー展

 

↑上記のマネの作品。家賃のカタに大家さんにとられてしまい、もともと1枚絵だったようですがでかすぎて分断されてしまったとのこと。

その他にも素敵な肖像画がたくさんあって、絵がひとつも描けない自分には本当にすごいなぁと思うばかり。
写真という技術が印象派のような絵を描くきっかけになった一方で、やっぱり肖像画を好む貴族やブルジョワ階級もいて、まだまだ描かれていたようです。
人物画よりも静物画が評価が低いってのもびっくり。だからこそ「りんご一つの絵で驚かせてやる!」と頑張った画家もいたとか(誰か忘れました…)。そのうち静物画も人気が出てきて(安価で手に入るからとか)地位が向上したみたいです。

この頃の女性の裸体画というのは「理想像」であって、現実の女性を見たまま描いたものは酷評されていた、というのも面白かったです。うーん、今のアニメの世界と変わらんなぁ(笑)。

一通り見終わって、お土産コーナー。「二人の罪人(男)が裸で戦ってる姿」のポストカードが欲しかったのですが、なかった…orz 需要ないのかなぁ(もしくは売り切れ??)ああいう筋肉美はいいです、やっぱりww

そのあと、Kさんが予約してくださったイタリアン居酒屋へ(おそらく新宿にも同じ店があって行ったことがある気がする…熱帯魚とかいたし)。
おみや
Kさんよりいただいたお土産。ありがとうございました!

ごはんは、全体的な量は少な目だったけど個人的にはちょうどいい量で、加えて飲み放題だったので頑張って飲みました(笑)。

140831_02
なんで私のビール(真ん中)は大きく見えるんだろう(汗)隣のジョッキと同サイズなんですけどね・・・・・。
140831_03

総勢7名、みんなのお着物だけで眼福~!

しかし最近の夏はやっぱり異常だわ、暑さが。このくらいの着物が着られないくらい暑いっておかしいよねぇ。今日みたいにえらく涼しいのもおかしいのかもしれないけど。

デザートまでしっかりいただき(※私のデザートはハズレだったのか、溶けたものを再度凍らせたようでおいしくなかった・・・)、三々五々解散。夏の最後の思い出になりましたー。

本日の覚書。
140831_04
あまり上手くいかなくて無理矢理かんざし挿したヘアスタイル。かんざしの足が短くて、何度も抜けそうにww
髪の量が増えるとアレンジが大変です・・・。

 

 

タイトルとURLをコピーしました