畳表の下駄到着

この前仙臺屋2号店で買った、畳表の下駄が到着しました。
キモノカフェの畳表下駄

ええ、予想したとおり「キモノカフェ」の下駄でした(タグ参照)。キモノカフェでは送料込み約7,000円、仙臺屋では送料別(5,000円以下の買い物で630円)で2,940円(送料入れても3,620円) なぜこんな差が出るんでしょう・・・。

何度も書いてますけど、キモノカフェは私の愛用下駄「ピドヒール」(足が痛くならない下駄)をピドヒール研究者と一緒に開発したお店で、他店より多くのデザインのピドヒールを扱ってます。
で、最近、仙臺屋さん?から「うちでもピドヒールを扱いたいなー」とキモノカフェに打診があったそうです(キモノカフェのメルマガにそう書いてありました)。
そーすると、ピドヒールも半額で買えるようになるの?!

消費者としてはいいものが安いのはありがたいのですが、なんかね、私的にピドヒールってブランドだから、それが安売りされることでピドヒールの価値が下がっちゃうんじゃないかなぁと(そこらの下駄と同列にしてほしくないなー)、そんな想いを先日のキモノカフェプレゼント(風呂敷)のときに、だーっと書いたら、風呂敷が当選した、というわけです(笑)。

当選したひな祭りタペストリー兼風呂敷

こんな風に、へんしゅうちょ(キモノカフェの店長)から直筆サイン入り(笑)メモが入っておりました。文面から察するに、とっても愉快な方かと思われます。
毎年夏に恵比寿にお店を出しに(浴衣フェアみたいなのが毎年恵比寿で開かれている)やってくるので、今年こそ遊びに行きたいなと思っています。(去年もおととしも、仕事で行かれなかった)

タイトルとURLをコピーしました