豆乳ローション【2】

使い始めて4日目です。

作り方は、ネットにもあちこち紹介されていますが、サイトによってまちまち(とくにアルコールの種類や分量)なので、できれば本を買ったほうがいいかと思います。でも本でもまちまちらしい(笑)。
無水アルコールが消毒用アルコールに変わったのは、引火してやけどされた方がいるので、引火しにくい(でも大して変わらない気もしますが)消毒用になったのではないかと邪推。

お肌状態ですが、ムダ毛の細い腕なんかは効果がでているような気もします。
脱毛(抑毛)効果よりも、美白効果を求めてるんだけどなー。

Share Button

“豆乳ローション【2】” への2件の返信

  1. 始めまして。私も最近豆乳ローションの本を買って作りました。その本によると分量は豆乳500ml、レモン70~100ml、無調整アルコール(エタノール)60ml(脂性肌の人は多め、乾燥肌の人は少なめ)でしたよ。だから計量スプーン&温度計で計って作りました。本によると搾り取った後のおからはお風呂の時に足とか腕にこすりつけるとスベスベになるって書いてありました。私はまだやっていませんけど。試す価値はあると思います。私もこれからどうなるか楽しみです。これからもこのHPを参考にしたいと思います。がんばって!!

  2. アルコールは多分防腐助剤、兼乾燥速度を早くする、爽快感を増す、の理由で加えてるんじゃないかな。化粧品業界では通常アルコールというのはエタノールのことです。火事が怖ければ豆乳を漉してから入れてもよいと思います。ただ腐敗防止や殺菌ができるほどの量が入ってないようなので冷蔵保存一週間くらいが限度でしょう。冷凍すればもう少し長期間保存できるので、作った後2つに分けて1つは冷蔵、もう1つを冷凍して、冷蔵分を使い切ったら冷凍したものを解凍し1週間程度で使い切るのがよいでしょう。

コメントは受け付けていません。