投票箱は蹴らないで。

4日午前9時20分ごろ、埼玉県小川町大塚の同町役場内に設けられた衆院選期日前投票所で、投票に来た男が、床に置いてあった小選挙区用の投票箱を蹴り倒した上、踏みつけた。(読売新聞)

とうとう、投票箱を蹴っ飛ばす方まで出てしまいました今回の選挙。投票当日は投票箱を盗んだりしないよう、お願いいたします。有権者の皆様。
本日も期日前投票所で受付をしてまいりましたが、日曜日とあってかこれまでで一番多いご来場者人数でした。今日から「最高裁判所 裁判官 国民審査」が始まったからかもしれませんが、受付の休憩がとれないほどでしたので、そのすごさはおわかりかと思われまする。
そうした混雑でお待ちの中、せっかく投票にきたのに

調べによると、根岸容疑者は期日前投票のため投票所を訪れたが、自分が申告した住所と町選管の名簿の住所が違っていたことに腹を立て、小選挙区の投票を済ませた直後、投票箱をけった。

このように住所が違っていては、腹が立つのもいたし方ないことかと思います。名簿も人が作るもの、間違いもございます(君が間違っているかもしれんが)。役所は省エネ?のため冷房をかなり弱めにしてあるため、暑いのも手伝ってイライラしてしまうかもしれません。(受付やってる人間も、暑いです)
でも、投票箱からこぼれ出た票は

同町選管は県選管を通じて総務省に報告、総務省とこぼれ落ちた投票用紙の取り扱いを検討している。

とのことですが、もし無効になってしまったら、今までに来られた、ほかの方にご迷惑となってしまいます(別にまたそのまんま箱に戻しゃいいんじゃないかと思うんだがなぁ。投票者の名前が書いてあるわけじゃないし)。どうか、投票所で暴れないでくださいませ(笑)。

しかし、あんな頑丈そうな箱が蹴っ飛ばしたくらいで穴が開くなんて、頑丈じゃないじゃん。だめじゃん。それとも蹴っ飛ばした方、格闘家?(笑)

タイトルとURLをコピーしました