うっかり怪我もできない

勤務医不足深刻、5年で430病院が救急指定返上

3月20日3時13分配信 読売新聞
 全国の「救急告示医療施設」(救急病院)の総数が過去5年間で「医師不足」などを理由に1割近く減っていることが、読売新聞の緊急自治体アンケートでわかった。

 減少傾向には歯止めがかかっておらず、いざという時に患者の受け入れ病院がなかなか見つからないなど、救急体制の危機が深刻化している実態が浮き彫りになった。

17日の土曜日、ダンナが自転車で転び、救急車で某病院へ運ばれた。
その病院でも、私がダンナが治療を受けているのを待っている間、次々と救急の電話が入っていた。「36歳女性、ヒザから下を切った」「56歳男性、酔って転び頭を打った」など。要するに、電話を受けた看護士(なのか、実習生なのか知らんが)が、今ダンナを治療している先生、看護士に「これらの急患を受け入れても良いかどうか」を聞いているのである。ここも人手不足なのだろうか?
土曜の夜だったからかどうか、救急の処置に当たっていた先生は一人、看護士二人(別の部屋にもいたのかもしれないが)。

ホントに救急車の世話にはなりたくないよな、と思った。
今のところ、人生一度も救急車に乗った事はないし、入院したこともないので(そのせいで病院の空気が嫌いだったのだが、ダンナのお母さんのお見舞いに何度も行っていたので、慣れた)良いのですが、本人が気をつけているだけじゃどうにもならないこともあるしね。

こんな医者には診てもらわんという本だったかな、これじゃあないかもしれないけど、最初の5ページ読んだだけで「絶対歯医者には行かない!」と思うくらいムカついた覚えがある。
歯医者は楽だし金もらえるし、ということと、内科とかそういう方面へ進めない医者の卵(要するに落ちこぼれ)が歯科医になる、などと書いてあってね。
だから歯科医は余っているのでしょう(笑)。

産科医も救急も、なんつーか必要な部分がどんどん減っていて、うっかり病気もできないなと思うzumaでした。

コメント

  1. zuma より:

    >>ぶりねえさま
    ご心配ありがとうございます。彼も四十路、気は若くても(笑)体はねえ・・・という年です。
    病院で固いベッドに寝たせいで腰が痛いだの、尾てい骨が痛いだの言っておりますが、たぶんぶりねえさまと同じ症状ではないかと・・・そうは言っても聞きやしません(笑)。

  2. ぶり より:

    楽天の別ブログ、見てきたところです。 ご主人、今のところ、大丈夫なご様子ですが、1ヵ月後、半年後の検診、どうか忘れずお奨め下さいませ。 頭蓋ばかりでなく、脊椎の歪みとかが無ければ、それで安心できますので。(^^)

    転倒した場合の後遺症、加齢と共に異なります。
    私の場合、40代後半のスキーでの転倒時、単なる打ち身と思いきや、腰にきました。 筋力が落ちていて骨格に響きました。 骨格筋を鍛えるために姿勢を正しく保つ必要があり、このために着物&帯の生活、はじめました。(^^;

  3. zuma より:

    >>式部ちゃん
    ご心配ありがとうございます。昨日(3/19)退院し、その足で仕事に行ったくらいですから大丈夫です。
    耳の三半規管にある石が欠けたせいで、ちょっとめまいを起こしますが、自然に欠けた石が消えるまで待つしかないそうなので、薬を飲みつつ仕事してますよ。

    明日は快気内祝いを買いに出かけなきゃです。

  4. 平成紫式部 より:

    ご主人の怪我、大丈夫ですかぁ? かなり重傷?だったらこんなのんびりしてないかぁ~
    今では医師不足、看護師不足が問題化となりそれにまつわる報道も多々ありますよね。
    入院すると看護師さんの多忙さがよく見えてきますし、雑さも見えてくる。難しいね~
    ご主人の怪我、早くよくなりますように♪

タイトルとURLをコピーしました