疲れてます・・・・(泣)

※今日は暗いお話しですので、気になる方は読まないでくださいませ。

今日は某さんのおうちにお呼ばれしていたので、珍しく早起きし、準備していました。
しかしそんな早朝に、ダンナのお父さんから電話が。
こういう電話は得てしていい電話ではないな、と思いつつ電話に出た。

「xx君が事故で亡くなった」

とのこと。xx君はダンナの親戚。私より若い31歳。電車に・・・・でした。
20代のときはワーキングホリデーを利用してバックパッカーで海外を渡り歩いていて、それなりに危険な目に遭ってはいたものの、年に1回は日本へ無事に帰ってきてました。そのたびにダンナも私も、一緒に飲んでました。
そんな彼が日本で事故に遭うとは、自分でも思ってなかっただろうなぁと思います。

そんなわけで今日は予定をキャンセル、彼の家へダンナと行きました。いつも元気なご両親が憔悴しており、なんと声をかけてよいやら・・・でした。
通夜、告別式と続きますが、こちらが参ってしまっては大変なので、しっかりしようと思います。

暗い話ですみません・・・。

コメント

  1. zuma より:

    >>すずらんさん
    >ご両親の心中お察しいたします。
    ホントに。よく「順序が違う」と言いますけど、そう思います。
    この親子はいわゆる「喧嘩するほど仲がいい」という親子で、年中喧嘩してましたけど、ハタから見てもホント仲がいい親子だと思います。
    (うちと家族ぐるみの付き合いをしているので、そういうのは良く見てるんです)
    >4月の終わり頃、亀戸天神に藤を
    いいですね、ゆっくりお花みたいですー!ぜひ誘ってください。

    >>平成紫式部さん
    式部ちゃんありがとー。
    >特に自分より若い人の訃報は、とても無念さが残りますよね。
    確かに。まあヤツは太く短く生きたよなぁと思うんですけどね・・・。彼の家とは家族ぐるみで付き合っているので(結構家が近いんですよ)支えてやれることは、支えていこうと思ってます。

    >>ゆかさん
    >泣きたい時には泣いてくださいね。
    ありがとーございますー。大丈夫です。人目はばからず泣いてますから(笑)。
    スイッチ入っちゃうと、涙が止まらなくなるタチで。
    >またどこかへご一緒しましょう。
    わーい、ありがとうございます。茶話会、楽しみにしていますー。

  2. ゆか より:

    ほんとに辛いことですね。
    なくなられたご本人はもとより、ご家族や近しい方のお気持ちも察して余りあります。
    zumaさんも、気持ちの上で無理をなさらず、泣きたい時には泣いてくださいね。すこーし、楽になりますよ。

    そんな気持ちになったら、またどこかへご一緒しましょう。

  3. 平成紫式部 より:

    突然の訃報で、悲しみが深いことと思います。
    特に自分より若い人の訃報は、とても無念さが残りますよね。
    ご主人やご家族の方もさぞ悲しみでいっぱいだと思いますが、zumaさんがしっかり支えてあげてくださいね。  ご冥福をお祈り申し上げます。

  4. すずらん より:

    こんばんは。すずらんです。

    そんなお辛いことがあったのですね。
    まだまだお若いのに・・・。
    ご両親の心中お察しいたします。

    ずまさんもご主人もお辛いこととは思いますが、どうかお疲れを出しませぬよう。

    ご冥福をお祈り申し上げます。

    *4月の終わり頃、亀戸天神に藤を身に行きましょう。

タイトルとURLをコピーしました