告別式が終わって

xx君の告別式が終わりました。
今日は寒く天気も悪いし、平日の昼間だし、昨日の通夜に比べたら、かなりゆっくり受付できました。昨日は忙しさにかまけて、そう悲しんでもいられなかったのですけど。
弔辞で喪主のお父さんが挨拶で「帰ってくるような気がする」と言ってましたが、私もそんな気がしてます。あまり日本にいなかったし、ひょっこりどこかから帰ってくるんじゃあないのかなぁって。正直、亡くなったことにぜんぜん実感ないしな。

事故が事故だけに、ホントに悔しいです。

みなさんも、普通のオトナならやらないことですけど(そういう意味でヤツはちょっと違ったからなあ)、もちろんコドモだってやらないことですけど、電車に乗り遅れそうになったからといって無茶はしないでください。
私は高校時代、彼が亡くなった隣の駅でも同じような事故を経験しているので(電車に乗り遅れそうになった女子高生が無理をした結果、私が乗っていた電車に接触して亡くなりました)遅刻のひとつやふたつ、危ない目に遭うくらいならどーってことないじゃん、くらいのつもりでいます。

なにより、親を、人を悲しませちゃいけません。ホントに。

自分が思っている以上に、自分を心配してくれる人がいるということを、忘れちゃいけないよなぁと思いました。
(あたしもねえ、親に無断で海外旅行に行ったときにあの福知山線列車事故が起きて、連絡がまったく取れなかったので、親がJRに問い合わせたりして大変心配させた経験あり(爆))

そしてダンナと二人ですっかり疲れたせいか、ダンナが間違って香典を持って帰ってきてしまい(爆)ました。また明日、彼の家へ行ってきます。香典ドロボーは身内だったというオチがついてしまいました(笑)。

4月早々こんなことが起きましたけど、再来週は結婚式もあるし、春らしく、おめでたく行きたいなぁと思ってます!

コメント

  1. zuma より:

    すずらんさん
    いろいろありがとうございます。香典は無事返還されました(笑)。
    >人生なにがあるかわからないけど、毎日を大切に生きようと思いました。
    私も今回、人との出会いは一期一会だと思って、できるだけいろんな人に会っておこう、と思うようになりましたね。
    いつ会えなくなっちゃうか分かりませんからねえ。

  2. すずらん より:

    こんばんは。すずらんです。

    お疲れさまでした。ダンナさん、香典ドロボーにならなくてよかったですね。

    若い人が亡くなるのはたまりません。。。
    子は親より先に逝ってはいけません。

    人生なにがあるかわからないけど、毎日を大切に生きようと思いました。

タイトルとURLをコピーしました