落語で観るオペレッタ「メリー・ウイドー」

落語で観るオペレッタ「メリー・ウィドー」なんてものを見てきました(というか、聞いてきました、か?)。
オペレッタというのを見るのは初めてで、ミュージカルとオペラの中間に位置するようなものなんだとか。
そこに落語がナレーターのような感じで、情景説明をしたり時事問題や小噺を入れたりして、登場人物が少ない部分をしゃべりで補って物語が進んでいくという新しい試みの舞台です。

まあ、いろいろあって見に行くことになったのですが(笑)。
“落語で観るオペレッタ「メリー・ウイドー」” の続きを読む