よこすか開国際花火大会

デキゴト2005

にダンナと行ってきました。すっかり今年は花火好きになってしまいました。これで花火3回目ですから(笑)。
ま、「浴衣着ていくところがほしい」というどーしようもない理由だったりもするんですけどね(笑)。←だったら普段から浴衣着やがれと思う。
↓こんなかっこ。
050807.jpg



実は昨日(8/6)の「あつぎ鮎まつり」の花火大会とどっちに行こうかと(もしくは両方(笑)←そんな体力はない)悩んだのよ、どっちも打ち上げ数は1万発だし。そこでダンナの
「あつぎは打ち上げ2時間だけど横須賀は45分。横須賀のほうがまのびしなくていいんじゃない?」
という意見により、横須賀に決定。そーいや、神奈川新聞の花火大会のとき、いちいち打ち上げる花火のスポンサー紹介をしてたのが妙にテンポ悪くてイヤだったんですよね。45分で1万発ならさっさと打ち上げてくれて気持ちよかろうと即決(笑)。

で、だいたい17時ごろ会場に着いたんですが、まだまだ余裕でした、場所取り。横浜のみなとみらいの時(山下公園の木、結構ジャマです)のように邪魔な木も少ないし、打ち上げ場所の近くに「ハウジングセンター(住宅展示場ね)」があったんですが、そこの一部も開放されてました。屋台もたくさんあるし。

結果としては「すごく良かった」花火でした。
隅田川形式じゃありませんが、2箇所を使って立て続けに打ち上げていくので間延びする感じもなく、最後のスターマインは3箇所(!)を使って打ち上げたので辺りがかなり明るくなり拍手喝采。あ~場所取りしてよかったなぁと思う瞬間でした。

ただし、帰りはものすごい人。花火が終わったあとしばらくその場で時間つぶししてたのにもかかわらず最寄り駅(横須賀中央@京浜急行)は駅前で満員札止め。浴衣着て36度前後の人いきれの中で行列なんぞしてたらぶっ倒れる!と思い、途中で抜け出してぐるーーーっと遠回りをして次の駅(汐入)まで歩きましたよ、ホント。途中通った、夜のどぶ板通りは結構な迫力がございました(笑)。

こんだけたくさん歩いたのにぜんぜん疲れなかったピドヒール※は偉いなぁと思いました(笑)。
※↓の下駄のこと。
~足が痛くなりにくい~絞り柄焼ピドヒール下駄(茜)

タイトルとURLをコピーしました