あまりにも感動しちゃったので・・・

北京オリンピック 男子400メートルリレー

ジャマイカの圧倒的な速さもすごかったけど、陸上短距離で日本人がメダルを取れるなんて思ってもみなかったです!あまりにも感動しちゃったので記録のために、記事を引用しておこうと思います。

ついに開いた、歴史の扉=男子400リレー

過去の五輪でメダルを手にしたことがなかった陸上日本男子のトラック種目で、ついに歴史の扉が開いた。個人種目では世界のスプリンターに対抗できない。だが、4人が力を合わせて走る男子400メートルリレーは、違う。前回アテネ五輪で4位に食い込み、最もメダルに近づいた種目だった。
そのアテネのメンバーのうち朝原宣治(大阪ガス)、末続慎吾(ミズノ)、高平慎士(富士通)が残り、力を付けた塚原直貴(富士通)が加入。照準は北京でのメダルにほかならなかった。昨夏の世界選手権大阪大会後、引退に揺れていたベテラン朝原にもう1年、現役続行を願った日本陸連。チームワークの要だったからだ。
メダル作戦は科学的だった。バトンの受け渡しは、世界で主流になっているオーバーハンドではなく、確実性を重視したアンダーハンド。受け取る走者は腰の横で手のひらを下に向け、渡す走者が下からはめ込むようにつなぐ。走り出しから極端な前傾姿勢を取る2走の末続にとっては、うってつけの方法。2人が接近することで、受け渡しに1回失敗してもバトンを落とさない限り修正もきく。
ただし、20メートルのテークオーバーゾーン内で2人の距離が詰まるため、タイムが稼げない。日本は、情報分析チームの発案で、ゾーンの前後各10メートルを含めた計40メートルに狙いを絞った。ゾーンへの入りで減速せず、受け取る走者も飛び出しを早くする。この練習をひたすら繰り返した。40メートルを3秒75で抜けるという実践目標を掲げ、練習ではこれをクリア。確実性を手に入れた。
工夫と努力。やりようによっては、トラックでも世界と戦えることを示した。北京で惨敗を重ねてきた日本勢。陸上界全体の沈滞したムードを一気に晴らす快走だった。
(時事通信)

<五輪陸上>日本が銅 短距離で初 男子四百リレー
【北京・石井朗生】北京五輪は第15日の22日、当地で陸上の男子四百メートルリレー決勝を行い、日本は38秒15で、銅メダルを獲得した。日本勢が五輪の短距離種目でメダルを獲得したのは史上初の快挙。トラック種目全体では、1928年アムステルダム大会の女子八百メートルで2位になった人見絹枝以来、80年ぶり2度目で男子初。優勝は37秒10の世界新記録をマークしたジャマイカ。従来の記録は米国が持つ37秒40だった。第3走者のウサイン・ボルトは百メートル、二百メートルと合わせ3冠を達成した。

日本は、塚原直貴(23)=富士通=を第1走者に起用し、末続慎吾(28)=ミズノ=、高平慎士(24)=富士通=とつないで、男子百メートルの前日本記録保持者・朝原宣治(36)=大阪ガス=がアンカーを務めた。21日の予選では、1組2着で決勝に進出。予選では、優勝の有力候補だった米国がバトンの受け渡しをミスして敗退。2連覇を狙った英国も引き継ぎ違反で失格するなどし、日本は上位進出の好機を迎えていた。

この種目の日本は、04年アテネ五輪が過去最高の4位入賞。07年の世界選手権大阪大会も5位と、着実に力をつけていた。

▽塚原直貴の話 最高です。本当に立役者の一人になれてよかった。何でも良かった。ぼくが動けばすべてが動くと思った。(第2走者の)末続さん目がけて走った。足の状態は思わしくなかったが、必死に食らいついた。これが歴史の一歩です。

▽末続慎吾の話 日本短距離は通用しないと言われた時期もあったと思うが、先輩方が一生懸命戦ってきた結果。日本短距離の歴史の勝利。ぼくらは作ってもらった上に立って走っただけです。

▽高平慎士の話 言葉にならないくらいうれしい。朝原さんが最後の舞台かも知れないと思って走った。これまでやってきた人の分も含めて走ろうと思った。夢はかなうということが証明できた。歴史を塗り替えられたのは支えがあったから。

▽朝原宣治の話 最高に気持ちよかった。夢のような空間を走りました。自分の体がどこまで持つかという不安や、絶対できるという気持ちがあり揺れ動いていた。十分世界と戦えることが証明できた。後に続く選手を応援したい。

第1走者の塚原くんがインタビューのとき、感極まって過呼吸気味に話していたのが印象的でした。
だれかYou tubeに動画UPしてくんないかな(だめか)。

===追記===
Youtubeに動画がアップされてたので、一応貼っときます

メダル獲得後のインタビュー


===再追記===
動画削除されちゃったようで見られません。一応ローカルにダウンロードしてはあるのですが、著作権違反になると思われるのでUPはやめておきます・・・。

Share Button

“あまりにも感動しちゃったので・・・” への3件の返信

  1. ★slbloveさん
    野球はもう見限りましたわ(笑)。横浜の村田なんか、日本に帰ってきたら好調じゃないですか(怒)。
    オリンピックの福田団長が
    「強化選手を各チームから引っ張ってきて直前に集め、チョッ、チョッと練習すれば勝てるなんていう甘いものではない。同じ釜の飯を食って強化合宿や海外遠征をやって連帯感、チームの気持ち、コンビネーションプレーをきちっとやらないと勝てない」
    とおっしゃってましたが、ホントそうだよねーと思いました。自分たちだけ5★ホテルに泊まってさ。星野監督、全然求心力なかったしね・・・。
    んで、まだWBC監督やろうとしてるし、さすがに仙ちゃんファンの私でもそれはやめてくれと思った。

    ★あめちゃん
    そっかー 妊婦さんにはゆっくりしながら楽しめるものが必要だものねー(って妊婦経験はないが(爆))。いま一番キツイときなのかな?こういうとき何と言ってあげたらいいかなぁ。
    まあ、生理痛が人それぞれ違うのと一緒だしねぇ・・・耐えてこそお母さん!なのかな、やっぱり。(何が言いたいか分からなくなった・・・)

    ところで陸上400mリレーは、個人的に今回のオリンピック感動度NO.1でした!!いろいろドラマあり落胆ありで、始まる前はどうせ見やしないと思ってたけど、結構しっかり見てましたよ私(笑)。

  2. 陸上の表彰式で日の丸があがると
    感無量ですよね☆
    自宅安静期間中オリンピックみまくりでしたが
    終わっちゃって悲しい(ToT)

  3. よかったですよね~。リレーはバトンの受け渡しがなんといっても肝ですもんね。
    私は野球であまりに落胆したため他の競技を見るのもなんだかうわの空でした(苦笑)

    やっぱり星野さんがダメなのかな~。昨日の選手の様子を見て、選手の名前も普通に間違えちゃう、明るいボケタイプの長嶋さんが緊張をほぐすのにも合ってたのかな~なんて思っちゃいましたよ。

    あの選手のしょげようでは、3位も厳しそうですねーほんと。集中力や団結力も下がってそうですよね。

コメントは受け付けていません。