ワッペン2万枚3400万円也

東京都下水道局が、制服のワッペン2万枚を3400万円掛けて作り直したそうですね(作り直しなのにもかかわらず、1枚約1700円もする!!あんな胸に着けるワッペンが?!)。
ちょうどこのとき、私も?仕事でチョンボ(古)をしてしまい、客先でやり直し仕事をしてきたため、非常に気になった事件でした。

ちなみに私はやり直し費用「只」ですよ、ええ、「ロハ」(死語)ですよ、無料ですよ!!(笑)

・・・普通、何か作りなおす時って若干の割引が効くと思うんですが、そうすると最初のボツワッペンの作成費は5000万円くらいかかってるんですかね?

普通の会社だったらそのまま使うだろうし、作り直しなんかしたらクビだよ。そうでなくても、不景気真っ只中なのに作り直そうとするその神経がわからん。なにその内規って。今里伸一郎・同局長さんよ。

公務員がいかに普通でないかよく分かる事件だったと思う。

タイトルとURLをコピーしました