子宮筋腫と卵巣嚢腫と…(6)入院3日目

(5)の続きです。

手術の翌日です。

手術して1日後

薬が効いて少々眠れたのか、うつらうつらしながら4時ごろ目覚める。スマホやテレビを、眠くなるまで見る。

朝早くTVを見ることなんてここ何年もなかったので初めて気づきましたが、朝方のTVに出るお姉ちゃんは若くて綺麗ですね!(爽やかさ重視なのか)

吐き気は止まり、痛みも少々軽減。しかし喉が痛くなる。
術前に「手術中は喉に呼吸補助の管を入れるので、術後は風邪ひいたみたいに喉が痛くなりますよ」と言われていたとおりになる(笑)。

8:00
お腹のドレーンから染み出た廃液を吸ったガーゼ交換。オレンジ色の廃液がずっと出てる。徐々に減ってるので、明日にはドレーン抜けますよと、初の男の先生(実は副院長先生です)。

のちにドレーンを抜いて分かりましたが、ドレーンの先が膀胱やら尿管に当たってたみたいで、ときどき激痛があったんですよね。
翌日抜いたら一気に不快感がなくなったので、あ~~~~ドレーンのせいだったのかと納得。体内の異物は怖い。

無事におならも出たので(笑)食事は昼からOKになる。

10:00
血栓予防マッサージ器が外れる。これ、暑かった!「夏は暑いんですよね~これ」と看護師さん。

温タオルで身体を拭いて着替えを手伝ってもらったあと、歩く練習!

術後初めて立ったのですが、予想以上に腹がずしっと重たい!!やっぱりいろいろ体力削られてるのかなあ。
ずっと横になってたので、内臓が下に移動する感覚ですよーと歩くのに付き合ってくれた看護師さんが教えてくれました。

とりあえずトイレまでは歩けたので、尿管を外してもらう。術後、実はこれが一番痛かったかもww

12:00
ふつうに昼食。点滴のお蔭か、まったくお腹は減りませんでしたが、ふつうに食べられました。しかしあまりおいしくないがw
痛み止め(カロナール)が出たので飲む。痛くなくなったら飲まなくて良いとのこと。

私は最初、6人部屋(3人×2列)の3人の真ん中にいたのですが、窓際のおとなりさんが退院したので、窓際へベッドを移動してくれました。少し広くなった!

14:30
ヒマなので、1階のコンビニまで買い物に行く。今日は土曜日だったのでロビーコンサートを開催しており、ちょっと聴く。

こういう娯楽があると、長期入院の方にはいい気分転換になるのだろうなーと思いました。

15:00
吉本問題発端の、宮迫と亮くんの記者会見をAbemaで見る。この記者会見のお蔭で、入院中はだいぶ退屈しなくて済みました(笑)。

見ている最中に看護師さんが来て、弾性ストッキングはもう脱いでも大丈夫と教えてもう。

記者会見もいい加減飽きた後は、TV見たりゲームしたり、本を読んだり、お見舞いに来たダンナとしゃべったりして時間をつぶす。

18:00
夕ごはん。ごはん以外は完食。だいたいどんな時でも食欲は失せないので(;´∀`) 順調だなと自分でも思う。
カロナール飲む

23:00
消灯までTV見たり(出川哲郎の充電の旅が面白かった~)乙女ゲーしたりして過ごす。
寝る前に検温と血圧測定。

(7)に続く

 

Share Button

2 Replies to “子宮筋腫と卵巣嚢腫と…(6)入院3日目”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください