子宮筋腫と卵巣嚢腫と…(9)退院後外来1回目

(8)の続きです

退院後、外来で術後経過を診てもらいに2週間後、また病院へ行きました。

    • 経過は良好(お腹の傷も治って来ており、ばんそうこうも外れました)
    • 病理検査の結果、MRIの所見どおり卵巣嚢腫の中身は油と奇形種だったそうです。
    • 実は左の腰痛が治っておらず(;´∀`)、先生も「その痛みと嚢腫は関係ない」とあらかじめおっしゃっていたのですが、やっぱりその通りでした。
      婦人科から整形外科へは、よほどの問題がないと紹介状出せないので(この病院は紹介状がないとかかれないのです)、どこかで診てもらってくださいとのこと。
    • 左の卵管に「子宮内膜症の気があった」とのこと。
      右の卵巣は残ってるのですが、卵巣に内膜症が起きる可能性がないわけじゃない、とのこと。
      うーん、更年期とどっちが先に来るかなーww

また3か月後、外来で問題なければ病院卒業です!

 

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください