子宮筋腫と卵巣嚢腫と…(10)入院に必要なグッズ

4泊5日で子宮筋腫と卵巣嚢腫と子宮腺筋症の手術をしたzumaですが、そのとき「これが便利だった」「これあったらいいな」「これいらん」などのグッズを紹介。

入院に必要なもの

おそらくどの病院でも入院前にこんなプリントくれると思うので、上記以外であったら便利だったものなどです。

役立ったもの

    • カーディガン
      外は暑くても、院内は時として寒いので羽織るモノ何か1枚あると便利
    • ふりかけ
      ごはんがおいしくなくても(笑)味変できるし、自分にはとても助かったもの
    • 汗ふきシート
      温タオルを貸してはくれますが、それ以外の時でも身体を拭きたいときに。
      免疫反応で熱が出る場合もあるので、意外と汗をかくかもしれません。好きな香りならなおリラックスできてよいですよ。
    • 濡れマスク
      水が飲めない時間があるので、渇き防止に。

あれば便利だなと思ったもの

    • S字フック
      個室ならまだしも大部屋で狭く棚も少ないので、ベッド周りに引っかけられるS字フックがいくつかあったら良かったかも
    • ウォールポケットみたいなもの
      術後は痛くなければなるべく身体を起こしておいた方がよいと言われ、ベッドの背を起こしていたのですが、そうすると枕元に置いたスマホやら何やらが全部滑り落ちてしまう(;´∀`)ので、ウォールポケットのようなものがあれば良かったかなと。

こんな感じのものを、起こしたベッドの端っこにひっかけて、ポケットにスマホ類いれておけば滑り落ちないしなーと思いました。

もしくは滑り止めミニマットみたいなものがあれば。

必要なかったもの

下着類。
いらないわけじゃなく、2~3枚で足りました。(4泊5日なので5枚持って行ったらジャマでしたw)
手術当日~翌日は換えられないし、ヒマなら洗濯できるし。

パジャマは汗をかくので3組あったほうがよかったかな。これも洗濯できたので2組で足りましたが。

面倒ならレンタルしたほうが荷物は減らせますけれどね。

あと、パンツはワンサイズ大きいデカパン推奨!です。
おへそと下腹部を切るので、ゴムが傷に当たると痛いです。ローライズか、へそ上のデカパンがいいです。
ちなみに私はドレーンが入って、廃液吸い取りガーゼをパンツで押さえてる感じになったので、デカパン大勝利でした。

こういうやつ↑

以上です。これから似たような手術、入院する人にお役に立てれば幸いです。

それよりなにより、普段からちゃんと検診したほうがいいですよ(何を言っても説得力ないがww)。特にお子さんを産みたいと思っている方は!腺筋症なんて不妊になりがちな原因だし、子宮なかったら妊娠できないし!

症状が出にくいから(卵巣も沈黙の臓器とか言われてますからね)普段の検診は大事ですよね、うん。

 

というわけで、また3か月後…。

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください