さが美が三渓園で園遊会

やっぱり、三渓園は着物が似合う場所ということか。

呉服販売のさが美(横浜市港南区)は10日、横浜市中区の三渓園で、着物購入者などを対象に弦楽奏を楽しむ園遊会を開いた。日本庭園を舞台に着物を披露することで愛好者を広げようと、初めて企画した。
 この年末年始にさが美の店舗で1万円以上購入した人の中から、抽選で選ばれた45人が参加した。
帯をセットにしたポリエステル素材の着物を1万円で発売。安くて分かりやすい値段設定が若者を中心に人気を集めた。
(カナロコ:2010年3月10日)

着物になじみのない子には、やっぱり最初はポリ着物なのかもね。かく言う私も最初は20,000円のポリ着物福袋買いましたよ。一式全部入っているってことで。

☆確かこんなやつ

すべてお任せって感じのものです。今思うとこの店は余りおすすめしない(爆)。
(私が買った福袋の中身はこちら

そのとき買った福袋に入っていて、未だ使っているのは腰紐と帯枕と名古屋帯、帯揚げ帯締めくらいですが・・・。今思うと、手触りぼそぼそのひどいポリ着物だったよな(笑)。帯締めとかも正装用の平組みで、着物とまったく合ってないとか~。最初はそういうのまったくわからんだろう、と組み合わされた気がするが。

その後買った、「和の服屋」という、なかなかセンスのよいネットショップの福袋はとっても良かった。着物がシルジェリー(ポリだけどとっても絹っぽい)だったしコーディネートが良かったので未だに着てます(詳細はこちら)。
お店が倒産してしまったのが大変残念・・・(たけうち系列だったんだよね確か)。

さが美の10,000円セットがどんなもんか知りませんが、小物は一切付いてないんだろうから結局30,000円くらい掛かってるんだろうね~(笑)。

まあでも、経験から言うと(笑)ポリ着物は2~3枚で止めておいたほうが良い(雨の日用にあったほうが良いとは思うけど)。絶対正絹欲しくなるしな(爆)。

そのうち骨董市とかフリマで正絹を漁りまくるようになるよ(笑)。

Share Button

“さが美が三渓園で園遊会” への2件の返信

  1. ワタシも最初はさが美で帯や小物がセットになってるポリの小紋をあつらえましたが、着心地がいまいちだったので結局袖を通さぬまま売りに出してしまいました。値段は着物、帯、帯揚げ、帯締めのセットで3万円だったかな?
    着物初心者がたいした知識もなくネット販売やリサイクルに手を出すのはけっこうハイリスクなので、勉強代としてはまあまあの値段だと思います。

    1. >>こだまさん
      うーん、身近に着物フリークな方がいないと、なかなか最初は手を出しづらいものですから、ポリの着物セットは最初は避けて通れない道でしょうか。

      普通に呉服屋さんへ行けばウン十万するセットを買わされそうになることを考えたら、30,000円くらい安いものなのかもしれないですね。

コメントは受け付けていません。