最近(というか前から?)かんざしにハマっている。
自分で作れる玉かんざしはまあいいのだが、昔ながらの平打ちかんざしみたいなのが欲しくてネットで検索していたところ、「おたのしみかんざし手帖」なるものを見つけ、図書館で借りてみた。

「おたのしみかんざし手帖」

名前からして、いろいろなかんざしの写真集みたいなものかなーと思ったのですが、簡単な作り方とか使い方(お団子にして挿すとか、簡単なものだけ)が載っていてちょっとがっかり。
かんざしの部類には入らないであろう、クリップとか、ワイヤーコーム、ヘアピン、モチーフゴムなども載っていて、ただのヘアアクセサリの本なのかしら?と思いました。
(だって、楽天市場で聞いたことある名前の店とか、楽天市場で取り扱っている商品ばっかり・・・)

私は和風なかんざしをたくさん見たかったのですが・・・(苦笑)。
※こういうやつ 自分では作れそうもないから

ただその中で、「薩摩ボタン」を使ったかんざし、というのを初めて見て、これは素敵だなーと思いました。

ボタンをかんざしにしたものなのですが、骨董品のような価値があるそうで、結構なお値段でございます(笑)。ボーナスがあったら買いたいな(ないけどよー)。

ま、自作する上でいろいろヒントもあるので、そういう面では役にたちましたー。そんな本です。

Share Button

2件のコメント

  1. >>あめちゃん
    お久しぶり~ようやく安定期に入ったのですか?よかったですね。そういう状況でお引越もして、大変だったと思います。
    もう赤ちゃんの性別判明しているのかしら?
    分かったら分かったで楽しみだし、分からなければそれも楽しみだし、いいですね。

    昔の人は、おなかが大きくなっても着物で帯だったみたいですよ。腹帯ってのがあって、大きくなったおなかの下(下っ腹の下のほう)に巻いてたみたい。
    もしかしたら、おすもうさんみたいなまき方なのかな?
    実際にやった人のブログとか読むと、意外と腰が楽らしいです。
    聞きかじりなので違う情報かもしれませんのであまり鵜呑みにしないでね(笑)。

    かんざしは体型に関係なく(笑)使えますからねー。

  2. お久しぶりです。
    お元気でいらっしゃいますか?
    ようやく環境と体調が安定してきたので復活しました。

    薩摩ボタンってかんざしにしたのもあるんですね。
    前にブローチだったかなんかは見たことがありますが・・・

    いよいよ腹がでかくなってきたので
    当面着物は着られそうにありませんが、
    (昔の日本女性は妊娠期間中はどうしていたんだろう・・・)
    かんざしなら洋服にも合わせられるのでつい目がいきます(^^;

    あめころ

コメントは受け付けていません。