第10回全国着付士技能コンクール に行って来ました

振袖着付稽古

★今日は画像多数です!
来年、成人式の着付けのお手伝いをすることが決まったzumaです。
ま、そういうわけではないのですが「中央着付士能力開発協同組合」から招待状をもらったので、有瑠璃ちゃんと一緒に会場の有楽町へ行ってきました。

なぜそんなところから招待状が来たかというと、このコンクールのモデルになろうと思って応募したんですよ、自分で(笑)。
私、着物は自分で着たり、人様に着付けたりはしますが「人に着せられる」という経験がないので(20歳くらいのころ、シロウトの親に浴衣を着せてもらったことはあるけどよ)人様に着付けてもらうってどんな感じなんだろうと思って体験してみたいなと思ったんです。
んが

あなたのようなデブはモデルになれません応募者多数のため残念でした(ホントに残念でしたと書いてあった)、という通知が来て、それに一緒に招待券が付いてたので行って見るかーと思ったわけです。

11時半ごろ会場へ行きましたが「留袖部門、紋服部門、振袖部門、創作帯結び部門」の順にコンクールが行われるとのことで、留袖部門はどうでも良かったので(笑)先に有楽町イトシアの「うまや」でご飯。歌舞伎役者の市川猿之助さんプロデュースのお店で、楽屋めし のような定食がメイン。麦とろと豚トロの定食をいただきましたが、炭火焼のお肉が美味しかったです(笑)。席も「鏡前」みたいなカウンターになってて、木のテーブルがイイ感じでした。

これが私の初イトシアです(笑)。

んで、会場へ戻ってみると、留袖部門の最後のモデルさんたちの審査をしてるところでした。
★留袖部門

着物と帯を10分で着付けなければなりません(襦袢や肌着は除く)。
人によってこんなに着付け方が違うんですね!

★紋服部門

イケメンからチョイ悪オヤジまで、多彩なモデルさんでした

★振袖部門
着付け中

おはしょりの違いが良く分かります

帯はふくら雀か文庫が決まり?

★創作帯結び部門

帯締めの結び方が参考になりました

創作帯結び

創作帯結びその2


8番のひと時間なかったのかな?クリップが帯についたまんま・・・


個人的に気に入った人↑ スパンコールのひもをヘアにあしらっててキラキラしてました

で、このあと休憩タイムがあって、前年の優勝者の模範演技をやってくれました。このあと審査発表だったのですが、べつにどうでもいいので(笑)ロビーで創作帯結びのモデルさんを捕まえて写真を撮らせてもらいました。

★昨年の創作帯結び優勝者のデザイン

ロビーでも見つけたのでお写真をお願いしました

ちょっと花嫁風の着付だったようで(良く知らんが)裾をひきずってたので。帯揚げにピンクのパールがたくさんあしらわれていて可愛らしかったです。

これが前年度優勝の創作帯結び!松の枝が添えられてたりして、とてもめでたい感じ(笑)。

いろいろ見て思ったのは

  • 見えないところだからいいや、とおろそかにするとあとあと表に響いてくる(特にオハショリ周辺をそう思った)
  • 振袖には華やかな変わり結びが可愛らしくていいなーと思った
  • 留袖のお太鼓は小さ目がいいの?(めでたいと大ぶりに作るって聞いたことあるけど・・・)

などでした。意外とお勉強になりましたよ。

で、誰が優勝とかもうどーでもよかったので(爆)西武優勝セールを覗きつつ、西武内にあった「林屋茶園」という喫茶店で「ほうじ茶豆腐パフェ」をいただきました!どれもこれも美味しそうなものばかりで(わらび餅がウリのお店みたい)有瑠璃ちゃんと悩みつつ選びましたよ(笑)。

ほうじ茶のアイスクリームと言うのが食べてみたくて。さっぱりして美味しかったです。豆腐はホントに豆腐が入っていました。家でもたまに豆腐に黒蜜かけてデザート代わりに食べたりしているので抵抗はなかったです。

で、最後に(どうでもいい)zumaを。華やかな振袖のあと、地味ですいませんが。

綿紬で仕立ててもらった単のお着物(ぬくもり工房さんにて。詳細はこちら)。単はあまり持ってないので・・・。今日も暑いだろうとタカをくくって小物や襦袢を全部夏物(帯板見えてますね・・・(笑))にしたのですが、寒かったです!

もう確実に袷の時季は近づいているのねって思いました。

ヘアは、いろいろいじくりまわした割にはロクなものにならず、結局夜会巻きで。

ねいる屋さんの感動福袋に入っていたブリアの2本足シルエット。交換してもらって3本になったクリスタルゴールデンシャドーを早速3本並べて付けていきました(笑)。

あ、これはアージュコーム「シルエット」の5本足で夜会巻きしたあと、下のほうにブリアをつけていってます。秋口にこのお色はすごく好きです!

というわけで、お付き合いくださった有瑠璃ちゃんありがとでしたー。
読んでくださった皆様もありがとでした。葉緑素さん、ちょっとは勉強してきましたよー(笑)。

コメント

  1. zuma より:

    >>麻紀恵さん
    お久しぶりです。お仕事お忙しいのかしら?
    帯で隠れる位置だからとおはしょり処理をごちゃごちゃにしておくと、ホント、あとで響いてきますよね。
    私も自分に言い聞かせようと思います(笑)。

  2. 麻紀恵 より:

    そうそう、着付けは誤魔化すと仕上がりが汚くなるのです・・・
    ひとつひとつ丁寧に仕上げていくのが大切ですよね。>自分への言い聞かせ(笑)

  3. zuma より:

    >>なでしこさん
    着付は、ホントにお手伝いレベルですよ。昨年よくあれだけやれたなと思いますもの。というかまた練習へ行かなければできません(笑)。そのくらいのレベルです。

    >>チョイ悪オヤジさん
    いらっしゃいませ。まあ、モデルさんにいらしていただけるとは光栄です!
    晴れ着は女性のほうが圧倒的に多く着ますから、男性も出るとして選ばれて素敵な体験をなさったのではないですか?
    奥様と和服でおでかけ、も素敵だと思います(うちも正月だけは2人とも和服で出かけます)。まずは初詣などいかがですか。

    またいつでもいらしてくださいませ~。清いブログではないので(笑)。

  4. チョイ悪オヤジ より:

    こんにちは、はじめまして…
    私は多分あの会場で「チョイ悪オヤジ」と写った「紋服の部」に出場したモデルです。

    楽しいブログを拝見し…
    ついコメントさせて頂きました。

    というより、上手なコメントに思わず吹き出してしまいました。

    「イケメンからチョイ悪オヤジまで多彩なモデル…」
    そう、その通り!
    私も、家内が知らない内に応募して、まったくの素人のうえ初出場…

    でも、とても楽しく貴重な体験をさせて頂き感謝しております。
    今後は機会をみつけ和服をもっと着ようと心に誓いました。

    突然、清いブログを汚したようでゴメンなさいね。

    バイバイ

  5. なでしこ より:

    ZUMAさん、
    素敵な着物の着付けの写真、面白かったです。
    ZUMAさんは着付けもんさるんですねえ。
    みなさん、襟を結構抜いていますね。
    晴れ着の襟はこんなに抜いていたっけ?
    と晴れ着経験はとっくに忘れたなでしこでした。
    ランチもおやつもおいしそう。写真だけでもすっかり堪能しました。

  6. zuma より:

    >>有瑠璃ちゃん
    お付き合いありがとでしたー。そうね、もう単は着納めねー。
    あの格好で寒かったんだもの、外の校庭で立ちっぱなしも寒かったと思います。お疲れ様だったね。

    次はきものの喜で何を着ようかなと今から考え中(笑)。

    写真は、お仕事柄、取材で何百枚も写真を撮るので、どうしたらキレイに撮れるか分かってはいるつもりなのですが、なかなかうまくいかないのよこれが。
    (何百枚撮って、使えるの数枚だもの)
    ああいうステージでは三脚がないとダメなのよね。舞台まで遠いからフラッシュたいてもムダなので、フラッシュなしでシャッタースピードを落とすしかないんだけど、そうすると今度テブレしちゃうのよ。
    しかも持っていったデジカメがイマイチ操作しづらいやつで・・・いい写真が撮れるようになりたいわ。

    それじゃまた遊んでねー。

  7. 有瑠璃 より:

     こんばんわ~。昨日日記をアップしたつもりが、下書き保存だった(汗)

     昨日はお疲れ様でした。ずまちゃん、写真の撮り方も上手だよ~。私のは、全然ダメダメだった・・・・。

     全国大会だけあって、創作帯結びはすごかったね~。私はバリエーションがぜんぜんないのでいつも同じようなのばっかりになっちゃうんだよね~。もう少し頑張ります~。

     単衣ぬくもり工房さんのだったのか~。とても似合ってましたよん。単衣も着納めだね。土曜は、袷復活だあ~。
    また、いろいろ誘ってやって下さいまし。

     お疲れさまでっした!

  8. 葉緑素 より:

    こんにちは!
    素敵なコンテストを見ることが出来るんですね。
    zumaさんの様に背が高くて、スタイルの良い人がモデル、落選するのなら
    皆、レベル凄く高いんですね。

    「個人的に気に入った」方の振袖着付、私も凄く気に入りましたよ!
    後姿のおはしょりも襟の抜けも綺麗で凄く勉強になります、
    貴重な写真ありありがりがとうございます。

    留袖の二重太鼓も年齢、地方によっても違いますよね、
    京都はハンナリ福与かに、東京はキリリト粋に
    着付ける人の体系が全員、着付けのマネキンと同じ体系なら楽なのにね!

タイトルとURLをコピーしました