フィギュアスケート女子SP@スケートカナダ

今日も14時間の時差ボケ中です。
たったいま、グランプリシリーズのフィギュアスケート女子SPが終わりました。

グランプリファイナル出場がかかってる鈴木明子選手は8位と出遅れましたが、FSはウェストサイドストーリーを存分に見せて欲しいと思います。

別に転倒もなかったし、着地ミスやちょっと硬かったかなという感じはしたけど、そう悪くなかったです。

しかし今回はカナダということもあって、カナダ選手にはもろ高い点が出てます(笑)。

SPの結果
1 Joannie ROCHETTE CAN 70.00 1
2 Alissa CZISNY USA 63.52 2
3 Mirai NAGASU USA 56.34 3
4 Laura LEPISTÖ FIN 55.74 4
5 Cynthia PHANEUF CAN 55.58 5
6 Amelie LACOSTE CAN 55.10 6
7 Caroline ZHANG USA 54.58 7
8 Akiko SUZUKI JPN 53.10 8
9 Jenna MCCORKELL GBR 47.48 9
10 Sarah HECKEN GER 45.50 10
11 Joshi HELGESSON SWE 40.48 11

ついにロシェットが70点を叩き出しました。

正直なところ、私は2位のアリッサシズニーのほうが良かったと思いますが、そこはカナダ大会だからカナダ選手に甘い採点が出たのかなーと思いました。

んでも、ロシェット選手すごく良かったです。ノーミスだしね。

5位と6位の選手もカナダですが、私から見れば7位のキャロラインジャンのほうが良かったよ(彼女無表情だから良くなかったのかな)。

今回は転倒したのは1人だけ、着地ミスもあまりおらず、失敗しなければかなりの点が出る大会ですね。

さて、次は男子SPが10時ごろ(日本時間)始まるので、また寝ます(笑)。

Share Button