韓国のインターネットって

えー、ただいまのマイブームが、遅れた韓流のzumaです(笑)。
8年ぶりに再演される韓国の「オペラの幽霊」をいつ見に行こうかと、ムダにテンション上がりっぱなしです(爆)。(9月末が初日なのになぁ(笑))

ミュージカル、オペラ座の怪人を前回日本で見たのはいつだろう?東京で上演していたときだから3年以上前かしらね?ま、とにかく全然見ていません(あ、大沢たかお君がファントムやった舞台は去年見たけどな)。

ところで、韓国で上演する以上、韓国語のサイトをチェックしないと詳しい情報がないのですが、韓国のサイトのほとんどって、詳しい情報を見るには登録が必要で、登録するためには「住民登録番号」が必要なんですよね。

韓流が流行ったころ、「住民登録番号」なんか持ってねーよ!と逆切れした日本人は多いはず(笑)。

「住民登録番号」ってのは、日本でいえば住基ネットの番号みたいなもんです(本来は、北朝鮮のスパイをあぶりだすためみたいですが・・・)。そういや住基ネットって今利用されてんの?ほんと税金の無駄遣いしてくれるよな。あんだけギャーギャー騒いだ割に役に立ってなくない?

ま、いいとして(?)
韓国のほとんどのサイトでは登録時に「住民登録番号」が必要なので、チケット販売サイトなんかにも登録できないんだよね。(韓国にも、ぴあみたいなものがある)

なので、つたない韓国語で(翻訳サイトフル活用でっせ(笑))メールしたりして、何とかして買おうとするのですが、正直8年前より不親切です(爆)。

8年前は結構、チケット買いたいですってメールすると、親切に、割とすぐチケット押さえてくれてたんだけど、今回は電話くれという返事ばっかり(笑)。
一時期の韓流ブームで同じような依頼が殺到して体制が変わったんでしょうかね。ある意味韓流いい迷惑です(笑)。

特に感じたのは
・サイト内に連絡先メールアドレスが公開されていない
→連絡するためには、サイトに登録して1対1質問サービスを使ってメールしなければならない(本末転倒じゃねーか!)
・韓国のドメインメールじゃないと返事くれない(笑)

ということ。
まあね、メールアドレスはスパムだのウィルスだのあるから、メアド公開はしたくないのかもしれないけど、こういうときのためにメールアドレス公開して欲しいのになぁ。

韓国のドメインメールじゃないと返事くれないのはびっくり。日本ドメインのアドレスは向こうでスパムとしてはじいているのか、外国人は相手にしたくないのか(笑)。一応、韓国語で送ってるんだけどな。
(ちなみに、韓国のドメインメールで、韓国語でメールしたらすぐ返事くれた(爆))

韓国のインターネットって・・・www(world wide web)じゃないよなー、って思いました。

ちなみに韓国では2015年までに、サイト登録の項目から「住民登録番号」を撤廃するらしいのですが(外国人に門戸を開いてくれるのかな(笑))、2015年まで待ってられねぇです(爆)。

なお、私が持っている韓国ドメインメールは Daum.netNaverです。この両サイトは登録に「住民登録番号」や「外国人登録番号」がいらないので、韓国語を若干入力できるか、韓国語の数字が聞き取れれば登録できます。

・・・外国人登録用ページって言っておいて、規約とか説明がほとんどハングルなのはどういうことなのかねぇ・・・(笑)。しかも登録にハングル入力や、韓国語聞き取りを要求するって。

韓国の知り合いと連絡取るにも何かと便利ですよ。それしか使わないけど(爆)。

タイトルとURLをコピーしました