つかこうへい先生安らかに。

私がつかこうへいの舞台を最初に見たのは・・・うーん、1996年くらいだろうか?
つかちゃんの舞台は、役者の演技力に任せるスタイルが多く、衣装は稽古のままのジャージのような服、舞台装置はいっさいなし(椅子や机くらい)だった。
おかげで?入場料が安くて(笑)何度も見に行ったものです。


一番ハマっていたころは、北区つかこうへい劇団まで見に行き、ほくとぴあまで友達とよく行きました。たまたまですが、芝居見終わった後飲んでたら、お店に役者さんたちがどーっと来て、帰りに一緒のエレベーターに乗ったり(笑)したことも思い出~。
私は当時田舎者だったので(笑)海外観劇など思いも付きませんでしたが、友達は韓国公演までおっかけてったよ。

安村和之君と、吉田智則君の二人の舞台「ロマンス」とか、好きだったなー(笑)。

つかちゃんの舞台って、まず1にも2にも、声を出せ!声を出してりゃ感情なんか後から付いてくるんだ、というスタイル。
だから役者さんたちはみんな大声で怒鳴るような台詞回しが多いんですが、それがまた引き込まれるんですよね。
台詞も口立てが多いから、演助は台本直しが大変だったようです。

演目は、例えば有名な「熱海殺人事件」とかを、xxバージョンと言って、いろんな形で進化させて上演するものが多かったな。
たまに、つかちゃん作で、演出が別の舞台を見たりもしたけど、やっぱりつか台本はつか演出じゃないとあの迫力と、かならずどこかに見える「陰」の部分が出てこないんだよね。

なんでつかちゃんの舞台って、こう「陰」の暗い部分があるんだろうと思っていたのですが、きっと生い立ちとかそういうものが根底にあったのかなと思います。辛くて悔しかったことがあったんだろうなーと。

そんなつかちゃんの舞台の最高傑作だと思っているのが
広島に原爆を落とす日

10年前ですか、この舞台を見たときは主役が稲垣吾郎と緒川たまきで、演出も新感線のいのうえさんだったのですが、まあ笑いありシリアスありで面白かった。

「私を愛しているなら広島に原爆を落としなさい」

未だに忘れられない台詞でございます(笑)。

今度の8/6から、何年ぶりかでまたこの演目が上演されます。今度は主役が筧利夫なので、どうなるか(かなりまともな内容らしい(笑))ほんとに楽しみにしています。(初日最前列GET~!!)
できれば、つかちゃんに見て欲しかったなと思います・・・・。

合掌

タイトルとURLをコピーしました