着物deフレンチ居酒屋

いつもお世話になっているフレンチレストランのAシェフが独立し、お店をオープンしたので、ご近所さん(というか、お仕事の関係者というか)と行かないか、とダンナに誘われたので一緒に行って来ました。

飲み会は夜だし、お店の中だし、涼しいだろうと思って、この夏3度目の夏着物にしました。1度目は綿絽、2度目は麻着物だったけど、今日はポリ絽。

やっぱり暑い です。

ポリと言えども絽なので透けているため、見る人からは涼しそうで素敵ーなどというお褒めの言葉をいただくのですが、着ている本人は暑くてしかたねーのですよ、ホントは(笑)。 じゃぶじゃぶ洗っても大丈夫なポリだから、手入れは楽なんですけどね・・・。ああ、早く涼しくならないかなぁ。

なんで、そんなクソ暑いのにわざわざそんな格好するの?と思われるかもしれませんが・・・やっぱり好きなんですかね、和服が。足は痛いけど、ハイヒール履いて闊歩(笑)したいのと一緒で、着飾りたいんですかね、きっと。まあ私の場合、体型を隠したいのも含みます(爆)。

というわけで、お店は「フレンチ居酒屋」(でもビストロって名前ついてます)。フレンチなおつまみ系(カルパッチョ系が多いかな)と、アルコールがあり、元スナックをそのまま使っているのですが、こじゃれた感じのお店でした。 味は、やっぱり何度も食べている味なので驚きとかないのですが、居酒屋でも味はちゃんとフレンチですよ(笑)。
フレンチレストランではなくて、こういう飲み屋系をやりたかったんだなーAシェフは、って思いました(まあ、シェフの雰囲気も飲み屋に合ってると思う(笑))。
おまかせでいろいろお料理作ってもらって、お酒も3杯以上飲めて、ひとり3,500円。ありがとAさん。みんなとおしゃべりもできて、楽しかったです。
サーモンのカルパッチョ サーモンのカルパッチョとか

スペアリブ
スペアリブとか パスタ、生ハム、鴨ロースト、サラダ、ホタテのバルサミコ酢ソースがけなど、たくさん堪能できました。 10人も入ればいっぱいになるようなお店ですが、これからたくさん常連さんができたらいいな。

===どーでもいいが覚書===

今日の夏着物コーディ ポリ絽はやっぱり暑かった

今日の夏着物コーディ ポリ絽はやっぱり暑かった。
帯は大江戸骨董市でGETした絽。正絹かと思ってたのですが、手触りからすると、じゃりじゃりしてて麻の絽っぽい。麻か正絹か、見分けるすべを誰か教えてください(笑)。帯芯入ってるけど、意外と暑いと思わなかった。
最初は、絽つづれ名古屋帯にしようと思ったんだけど

 これね

あまりにも根性なしで(笑)まったくのくったくたで、ぜんぜん締められない。
お友達が「根性なしの絽つづれ帯は、スプレーのりで固めてしまえば少し張りが出るよ」と教えてくれたので、今度スプレーのりまみれにしてやろうと思います(笑)。それでだめなら捨てます。

それとも半分に折って、半幅帯として活用しようかな(それでも根性なさそうだけど)。

あとは
麻100%の長襦袢
とか
麻の帯枕
とか
帯板「へちま前板」

とか、
 半衿(夏用・絽)(90円!)
とか
 麻の足袋「まねきや(凛)」(800円!)
とか、夏小物総動員です。

たぶん、夏着物は今日で着収めかなぁ。(9月の上旬に着ていいなら着るかもだ)

明日は近所の商店街でビアガーデンやるので、それに浴衣を着ていく予定。3日連続和服着るぞー(笑)。

Share Button

“着物deフレンチ居酒屋” への1件の返信

コメントは受け付けていません。