裏地のたわみを直してみた

たんす屋さんのバーゲンで買った、わらべちゃんの小紋。よくよく見ると、結構八掛がたわわーんとなっていることが判明。

柔らかい生地だし、タグには「丸洗い済み」と書いてあるので、洗ったら表地が縮んだのかもしれない。

このまま着るとどのような弊害があるか知りませんが、やっぱり良くないであろうから(笑)とりあえず八掛と胴裏の縫い目の部分をつまんでまつっておくことにしました。

ホントだったら、きっとここの縫い目を解いて縫い直すんだろうな。和裁については無知なので想像で言ってますが。

たわみ取り前
八掛のたわみ たわみとり前 たわーん

たわみ取り後
八掛のたわみ取り たわみ取り後
ちょっとはマシになったでしょうか。

注意:私は和裁については無知ですし、直し方も自己流ですので、真似て着物がおかしなことになっても責任取れませんので悪しからず。

高価な着物は、悉皆屋さんや和裁士さんにきちんと頼んだほうがよろしいかと。

あんまり裏地ばっかり詰めてしまうと今度表地がたわんでしまうので、縫いつまむ量はほどほどが良いと思いました。

Share Button