PHPの文字化け対処

現在、zumaはレンタルサーバをcoreserverに乗換しようと思っています。

現在はさくらインターネットのスタンダードプランなのですが、

  • 年間どちらも5,000円
  • さくらインターネットは1GB、coreserverは15GB
  • coreserverはブログ(MT)に必要なMySQLがいっぱい作れるし、サブドメインもたくさん使える(確か無制限)

ということで、同じ値段ならいろいろ使えそうなcoreserverがいいと思い、現在お試し期間中(15日間)なのです。

で、私はオンラインショップ「珠しづく」をPHPで運営しています。

そのオンラインショップをcoreserverのほうに移してみたら・・・
“PHPの文字化け対処” の続きを読む

さくらインターネットで、mt-comment.cgiとmt-tb.cgiをCRONで定期的に自動リネームする

やっと、トラックバック欄をオープンすることができました。というのは、ロボットで大量にトラックバックスパムを送られると非常に腹が立つし(爆)サーバが重くなる原因になってしまうし(事実、さくらインターネットでは「さくらのブログ」に大量のスパムコメント、トラックバックが来ているせいで動作不安定が起こっているとのこと)何らかの対策をしてからでなければオープンしないほうが良いと思ったからです。

以前、このブログにもロボットによるスパムコメントが1時間に50件くらいついたことがあってね。。。思い出しても腹が立つ(爆)。

というわけで、ない脳を絞り、ネット検索をフル稼働して何とか「さくらインターネットで、mt-comment.cgiとmt-tb.cgiをCRONで定期的に自動リネームする」ことができました。

正直、CRON(クローンorクロンと読むらしい)もシェルスクリプトもちんぷんかんぷんですが、とりあえず正常に動いたので覚え書きとして記しておきます。いろんなサイトを読んで、微々たるものですがCRONが何だか分かりましたし。
“さくらインターネットで、mt-comment.cgiとmt-tb.cgiをCRONで定期的に自動リネームする” の続きを読む

さくらインターネットでMT4.1をダイナミック・パブリッシングで動せた!(その3:導入後のカスタマイズ)

ダイナミック・パブリッシングを導入後、本格的にMT4を稼働するまえにzumaがやったこと一覧です。ご参考に。主に

のMTカスタマイズサイトを参考にさせていただきました。お二方ともBlogカスタマイズに関する本を執筆されるくらい素晴らしいプラグインを次々開発されています
“さくらインターネットでMT4.1をダイナミック・パブリッシングで動せた!(その3:導入後のカスタマイズ)” の続きを読む

さくらインターネットでMT4.1をダイナミック・パブリッシングで動せた!(その2:導入中)

(手順4まではこちらを参照

  1. MT4をインストールする
    • 「Movable Type インストールガイド さくらインターネット編」の”インストールウィザード”を参考に、MT4をインストールします。アップグレードとかだったら、”初期ユーザーアカウントの作成”が出なかったような気がします。
    • 「パスワード再設定用のフレーズ」ってのは、合言葉みたいなものです。パスワードを忘れたとき、この合言葉を入力するので忘れないように。

    “さくらインターネットでMT4.1をダイナミック・パブリッシングで動せた!(その2:導入中)” の続きを読む

さくらインターネットでMT4.1をダイナミック・パブリッシングで動せた!(その1:導入前)

このブログ、「つめもよう」もすでに5年くらいやってます。ですので、これまでに書いた記事はもうすぐ1000件、いただいたコメントは2500件を突破しています(多謝!)。

つまり、記事を表示させるためのHTMLファイルが少なくとも1000個はサーバに出来上がっている、ということです。私が利用しているこのさくらインターネットは、サーバスペースもデータベース(MySQL)も他のユーザーの方との共用のため、たぶん私は迷惑をかけているのではないでしょうか(爆)。
何でこんなに遅いんだろう・・・って、あんたが原因じゃないのか(笑)?

そのほか、デザインに飽きたのと、コメントが投稿できませんというBlogお友達の何名かから情報をいただいていたので、ここは思い切って「Movable Type4.1」を導入することにしました。

これまで私はMovable Type3.35を使っていましたので、アップグレードすればいいかな、と思い、やってみましたがやっぱり失敗(笑)。この失敗がこれから「さくらインターネットでMT4.1をダイナミック・パブリッシングで動かす」方法でブログを運営したいと思っている方の役に立てばと思い、メモ書きしておきます。結局、まる2日くらいかかってるよ(爆)。

失敗したので、結局必要なデータをバックアップしたあと全部削除し、再度新規インストールしました。そのほうが、いつの間にか出来てしまったゴミファイルとかも掃除できていいような気もしますが・・・。

ちなみに、これまで私は「静的構築」(スタティック)をやってました。分かる人には分かると思いますが「1000件も記事があってスタティックなんて狂っている」のです(笑)。再構築、1日経ったって終わりやしませんて(笑)。

これを、「動的構築」(ダイナミック・パブリッシング)に変えたところ、1日経っても終わらなかった再構築が3分もかからず全部終了するようになったんです!

ブログ運営期間が長いなど、記事が多すぎて新しいデザインに替えることを躊躇している方は、ぜひダイナミック・パブリッシングにしてみてください。ウソみたいな時間で再構築が終わります。

かく言う私も最初は「静的・動的」って何だ?と思いました。いろいろBlogをいじくり回して何となくこんな感じで理解しました。合ってるかどうかは別として(笑)。(プログラミング知識はほぼゼロなので)

  • 静的:ユーザのアクション(主にリンクのクリックかな?)によって、プログラムが動いたりしない(だから静的?)
    リンクをクリック→ファイル(html)を呼び出すだけ(これはプログラムではない)なので、そのリンクがある数(私の例で言うと約1000個)のhtmlファイルが、あらかじめ出来上がっていなければならない(これを作るのが再構築。1000個もファイル作り続けてたら他の共用ユーザーに迷惑この上ない)
  • 動的:ユーザのアクション(主にリンクのクリックかな?)によって、プログラムが動く(だから静的?)
    ユーザがリンクをクリック→呼び出されたファイルをphpというプログラム(って呼ぶのかな)が、今からファイルを作り、それをブラウザに表示させている
    だからあらかじめファイルが出来上がっている必要がない。だから再構築がすぐ終わる。

そういうわけで、記事数が多い方はダイナミック・パブリッシングにしてはどうでしょう、と思うわけです。

では、「さくらインターネットでMT4.1をダイナミック・パブリッシングで動かす」ための手順です。
“さくらインターネットでMT4.1をダイナミック・パブリッシングで動せた!(その1:導入前)” の続きを読む