おんなの窓 3 妙齢は着物がお好き

伊藤理佐ちゃんの1こま漫画「おんなの窓」。
第1巻は2007年発行ですから、おそらく「アラサー・アラフォー」という言葉が流行る前から、女性30代~40代を指して「妙齢」と呼び、妙齢になるとこんなことしてしまう、という女(主に理佐ちゃん自身)のことを漫画にして書いている理佐ちゃんであります。
(ただ、辞書でひくと「妙齢」って若い女性って意味みたいですが)

その第3巻が先日発売されたので読みました。
自分がアラフォー妙齢だから、書いてあること結構当てはまって笑えるんだよね(笑)。


2巻での、吉田戦車との結婚も驚いたけど、3巻ではよもやの妊娠です(でも妊娠、出産のことについては1こま漫画1つを除き、まったく触れてません)。

でね、40歳になって理佐ちゃんが始めたことがあるんです。

それが着物!

なにげに「きもの」って口に出してみたら、わらわらと妙齢おねえさんたちが集まり、きもの初心者、未経験者4人でリサイクルショップや呉服屋を回り、金銭感覚が麻痺したとか(笑)。

まだひとりで着られないので着付け教室に通い、着付け教室からホテルのレストランに直行してみんなで着物ランチとか。

そのランチで着物を汚してしまい、しみぬき4,000円に驚愕したりとか(笑)。

3回通って自分で着られるようになったものの、おはしょりのぐちゃぐちゃが気になるとか、お太鼓の大きさがこれで合ってるのか気になるとか、他人の着姿が気になるとか。

・・・・自分がやってることとほぼ一緒で、笑えました(笑)。

最後に「きもの道とけもの道って似てませんか」って言葉に、うなずいてしまいました(爆)。
(果てしなく険しいというか(爆))

そんな妙齢の皆さんが読んだら共感すること請け合いです(笑)。

コメント

  1. […] む→寝る(→太る) を繰り返してたのですが、ぜんぜん治らねぇ。伊藤理佐ちゃんの「おんなの窓3」にも出ていましたが、今までと同じ治療法?をほどこしてもちっとも風邪は治りませ […]

  2. 藤子 より:

    この人わりと好きで本も持っているけど
    この本知らなかったよ。
    今度買ってみよう

    • zuma より:

      >>藤子ちゃん
      お寿司たらふくオフのときでよけりゃ3巻とも貸しますよ(笑)。
      この本、女性にしか理解しがたい内容みたいです。ダンナが読んでも意味が分からないところ結構あるみたいなんで(爆)。

  3. こだま より:

    ワタシもこの本読みました~。おもしろいですよね。
    電車の中で携帯電話で話してる若者の話を聞くでもなしに聞いちゃって知りたくもない個人情報を知ってしまって困惑している話とか、あるあると膝を打つ話が多いですね(笑)

    • zuma より:

      >>こだまさん
      電車の中の会話って聞くともなしに聞いてしまいますからね(笑)。
      あと、3巻に風邪が治りにくくなったという話が載ってて、いままさにそれが私で(爆)。薬飲んで寝てもすぐ治らなくなったです・・・・。

  4. うっき より:

    「やっちまったよ一戸建て!!」がお気に入り。

    • zuma より:

      >>うっきーさん
      しかもその一戸建て、結婚してから売っちゃったよね。細木カヅコが「女が自分名義で家を買うと死にます」って言ったのを聞いてびっくりしてる理佐ちゃんも好き(笑)。

タイトルとURLをコピーしました