根性なしの名古屋帯その後 1−作り帯完成―

で、結局・・・・
切っちゃいました、帯ちょっきん(笑)。意外に柔らかかった(笑)。
先日、オークションで買ったアンティーク帯が短くて重くて根性がない(ハリがない)ため、どーにもお太鼓が結びにくい(というか、いくらキツく巻いても崩れてしまう)。どうしたもんかと考えた選択肢が
結帯具」を使うか「作り帯」にしてしまうか。
で、結帯具を使ってみようと考え、いってんShop 装栄社さんに問い合わせたところ、画像付きの説明文まで送っていただき、大変丁寧に使い方を教えていただいたのですが、結局は背中で結ばなきゃいけないということのようで使用を断念。(背中でごちゃごちゃできるならたぶん結帯具使わなくてもできると思う)

というか結帯具代を帯代にプラスしたらもっといい帯が買えたはずだから、新たになんか買うのが悔しい(笑)というのもあって、あるもので何とかしようという方向に。
そういうわけでいろんなサイトを参考にした結果
作り帯完成!


こんな作り帯が完成!

参考にしたのは

  • よしえ流着物教室さんの「付け帯(作り帯)の作り方」
  • 銀杏太郎さんの「締めるのが簡単!作り帯」
  • 玉川屋呉服店さんの「付け帯のご案内」
    などです。(3つ目は着用方法ですけど、完成品を参考にした)

    で、ちくちく見よう見まねで手縫い。どうせ見えないところだからと多少のエラー(笑)は見なかったフリをする。縫いにくいところは、先に「タッチボンド」という、だいたいどんな布でもくっつけてしまうというCMでおなじみの商品で貼り付けて・・・・付かない(笑)。このボンド、天然素材(綿とか革とか)は強力にくっつけるくせに、人工素材(ポリエステルとかナイロンとか)にはとんと弱い。ナイロン100%なんて絶対くっつかない!というわけでこの帯人絹(ポリ)だからくっつかないんですね。その代わり、中の帯芯(綿)には強力にくっついた。好き嫌いありすぎこのボンド。

    まあとりあえず仮止めみたいな感じでボンドを使いつつ縫う。結局3時間くらいで完成!

    早速装着してみたのだが・・・・ホントに根性ねぇなぁこの帯は!!)`ε´(
    帯枕が人絹でつるつる滑ってしまい、お太鼓の大きさがすぐ崩れてしまうんですよ。
    しゃあないなぁと考えつつ、帯に根性を持たせる(=ハリを出す)方法を考え出しました。

    ということで続きはまた明日(笑)。

  • Share Button

    “根性なしの名古屋帯その後 1−作り帯完成―” への7件の返信

    1. >かんがるうさん
      器用なのかどうなのか?他人には言われても身内には言われたことないです(笑)。

      >もみじさん
      もうホントクッタクタなんですよ、この帯。しょっぱなからこんな難儀な帯に当たったので(笑)今後どんな帯が来ても大丈夫なんじゃないかと思ってます。
      最初は針金でも入れようかと思ったんですけどね・・・帯に(笑)。

    2. こんにちは~!
      根性を持たせる?
      んんん~~、気になりますね(笑)

      作り帯、画像で見る限りとても素敵ですよ!

    3. すごいすごい~。
      器用ですね、zumaさん♪

      根性をもたせる方法、楽しみにしてます☆

    4. >>りょうこさん
      >zumaさんは探すのが上手ですね!
      一晩中オークション見てるからです(笑)。仕事しろよ!と自己嫌悪に陥ります・・・もうやめよう(笑)。
      とてもいい帯があったんですがオークション荒らしみたいなのに入札されちゃって落札できませんでしたよ。(評価-18とかいう人でした)

      >>むらさきの貴婦人さん
      帯を切ったとき、もう「あ、帯芯が死んでる」って思うくらい黄ばんだ帯芯が見えました(笑)。帯芯がこんなにシワシワになってるから、いくらアイロンかけてもシワ伸びないです。かといって芯を取り替える技術もヒマもないので作り帯で何とかします。

      >>rose0077さん
      >帯にカエルのTシャツを着せる
      いやぁバカウケ(笑)。ピョン吉のお太鼓柄にでもすりゃ、ちったぁ根性のある帯になるんだろうか(笑)。
      安くてどうでもいい?帯ならば切っちゃったほうがいいですよきっと。
      ただし、あたしのは人絹だし、2100円だったので切るのが惜しくなかったんですが・・・・。

    5. うーむ...帯にヤキを入れる...帯にスクワット300回やらせる...帯にカエルのTシャツを着せる(あ、年代的にわかんないかな?ゴメンゴメン、笑)...帯に...もういいって!?(笑)
      続きが気になります!
      私も生地がヘタって、結ぶのに耐えられない帯、作り帯にしてしまうかどうしようか、迷っています。
      その前に根性かぁ~...

    6. アンティークの帯はおそらく、かなり使用したものなので、芯が弱くなっていたのでしょうね。短いからお太鼓すると手が短くなりますよね。だから、お太鼓を小さくしたり工夫するようです。それから、織の着物に染めの帯といいますが、染めの帯はやわらかくて、初心者には向きません。かなりお太鼓をやってきた私でも染めの帯は苦手です。ステキなものがあるんですけどね…。

    7. あはは~!四苦八苦してる様子が手にとって分かります(笑)
      しかし、色々工夫されてるみたいなのできっとしっかりした根性のある作り帯が出来ると私は思いますよ~!
      でも素材がポリだと結びにくいし作りにくいのね…。
      私もいい加減名古屋帯が欲しくてオークションで探してるんですがなかなか気に入ったのが…無い!
      zumaさんは探すのが上手ですね!

    コメントは受け付けていません。