キムタクコーチ(涙)

義父ちゃんが広島出身なもので、私はタイガースファンですがカープも応援してました。改装前の広島球場へも行きましたよ。あのスクワット応援が好きです(笑)。

広島から巨人へ移籍するとき、なんでまた巨人なんかにー!と(私はアンチ巨人です、ハイ)思ったものですが・・・・自分と1つしかトシが違わない、しかもプロ野球選手という体に人一倍気を使う職業の方がくも膜下出血だなんて・・・。

この年齢なら気力・体力は十分だろうからきっと回復すると思っていたのに、残念でなりません。

2日の試合前にくも膜下出血で倒れ、広島市内の病院に入院していたプロ野球巨人の木村拓也(きむら・たくや)内野守備走塁コーチが7日午前3時22分、死去した。37歳だった。宮崎県出身。葬儀は10日午前11時から広島市西区南観音8の10の8の平安祭典広島会館で。喪主は妻由美子(ゆみこ)さん。

 同コーチは2日、広島市のマツダスタジアムで行われた対広島1回戦の試合前、グラウンドでノックをしている最中に倒れて救急車で搬送され、危険な状態が続いていた。

 宮崎南高から1991年、捕手としてドラフト外で日本ハムに入団し、翌年外野手に転向。95年広島、2006年巨人に移籍した。投手以外の全ポジションを守れる貴重なユーティリティープレーヤーで、俊足のスイッチヒッターとしても活躍した。

 昨季限りで引退し、コーチに就任した。現役通算成績は1523試合で1049安打を記録し、打率2割6分2厘、53本塁打、280打点、103盗塁。04年アテネ五輪代表。

ゆっくりお休みください。ご冥福をお祈りいたします。合掌

Share Button